映画『大混戦』のあらすじともっと映画が面白くなる3つのポイント

フレンチコメディ映画のレジェンドこと喜劇俳優ルイ・ド・フュネス(Louis de Funès)をご存知でしょうか。

ルイ・ド・フュネスは約140本もの映画に出演し、20世紀後半のフランス映画史上最も有名かつ興行収入が高い俳優の一人です。

この記事では、そんなルイ・ド・フュネスが出演する超超人気シリーズの第1弾『大混戦(原題: Le Gendarme de Saint-Tropez)』をご紹介します。

フュネスの代表作『サントロペの憲兵シリーズ』は1964年の『大混戦』から1982年の『ルイ・ド・フュネスの大奪還(Le Gendarme et les Gendarmettes)まで、18年間に渡って全部で6作が製作され、そのうちのなんと4作がフランスで興行収入1位に輝いています。

こんにちは!『大混戦』と聞くと、「ドゥユ-ドゥユ-ドゥユ-サントロペ!」とついつい口ずさんでしまうカタクリです。

この記事では、映画のあらすじと、映画を面白く見るための3つのポイントについて一緒に見ていきましょう。

『サントロペの憲兵シリーズ』第1弾映画『大混戦』のあらすじ

イタリアの国境沿いに位置するオートザルプ県の小さな村で、人一倍きびきび働いていたルードヴィック・クルシュ(Ludovic Cruchot)は、その業績が称えられ出世を伴うサントロペへの派遣が決まります。

サントロペに到着するなり持ち前の「上司にへつらい部下に厳しい」を発揮するクルシュは、違法のヌーディストビーチの取り締まりに成功し大手柄を挙げました。

一方、クルシュの娘ニコル(Nicole)は、街で同年代のお金持ちの若者グループと知り合いになるのですが、服装をからかわれたニコルはついつい見栄を張り「父親が大金持ちで、港のバースに留めているクルーザーの持ち主である」と嘘をついてしまいます。

そんなある日、若者の一人がニコルを好きになり、なんとか彼女と2人きりになろうと、クルーザーの前に止めていた彼女の「父親」の高級車「赤いフォードのマスタング」を盗み出すことに。

それに気がついたニコルもマスタングに乗り込みますが、2人は口論になった挙句にタイヤを田舎道の溝にはめてしまい、自動車を動かなくしてしまいました。

ニコルから事情を聞いたクルシュは「自分の出世」を守るため、この事件を解決しようと動き出すのです。

『大混戦』を面白く見るための3つのポイント

普通に観ても十分面白い映画ですが、より映画『大混戦』を理解するために、知っておくべきポイントが3つあります。

フランス警察のシステム

フランス警察のシステムは日本と異なる点がいくつかありますが、そのうちの二つはフランスの生活で密着しています。

一つは日本の警察庁に近い「内務省」の管轄になっている警察官(police)で、主にパリなどの大都市のみに配置されています。

そして、もう一つは「内務省」と日本の防衛省に当たる「国防省」の二つの省が管轄を受け持つ国家憲兵隊(gendarme)です。

彼らの仕事は主に、パリであれば大統領や各省庁の警護、地方においては警察官(police)の役割を果たします。

本作はその地方で配置されている国家憲兵隊(gendarme)を面白おかしく描いています。

2009年以前は国家憲兵隊(gendarme)の管轄は「国防省」だけだったので、完全に「軍人」の扱いでした。

フュネス演じるクルシュが部下に対して兵士のようなトレーニンをさせ、しばしば「garde à vous!(気をつけ!)」と号令をかけるのは、「警察官」ではなく「軍人」を強調させるための演出になっています。

世界中のセレブが集まるサントロペ

今やハリウッドスター、そしてあのアマゾンの創立者ジェフ・ベゾスもバカンスに訪れるセレブが集まる高級リゾート地「サントロペ」

「サントロペ」の名前の由来は、多神教時代の帝政ローマで将校でありながらキリスト教に改心してしまったトロペの名前からきています。

この改心が第5代皇帝ネロの逆鱗に触れ、首を切られてしまったペトロ。

彼の遺体を乗せた船がイタリアのピサから流され、たどり着いた海辺をトロペにちなんで「サントロペ」と名付けたと言われています。

元々静かで小さな田舎の港町だったサントロペが世界的に有名になったきっかけは、1958年に当時世界的スターだったフランス人女優ブリジッド・バルドー(Brigitte Bardot)が別荘を買ったことだと言われています。

ちなみに、『大混戦』のテーマソング「Douliou Douliou Saint-Tropez」の歌詞に「On peut marcher pieds nus à St Tropez(サントロペでは裸足で歩くこともできる)」と言うフレーズがありますが、これは「ブリジッド・バルドーが港の通りを裸足で歩いた」と言うエピソードから来ています。

主演キャスト:ルイ・ド・フュネスの魅力

『サントロペの憲兵シリーズ』の主演キャストは、フレンチコメディ映画を語るのに外すことのできない喜劇俳優ルイ・ド・フュネスです。

ルイ・ド・フュネスは、60年代から亡くなる80年代前半まで、フランス、そしてドイツやイタリアなどヨーロッパで絶大的な人気を誇りました。

元々スペイン系移民の子として生まれたフュネスは、仕事を転々としながらピアニストとしてバーでの演奏などをしていましたが、20代後半で喜劇役者に転向し、40歳近くで舞台を中心に有名になった後、50歳の時に出演した本作『大混戦』で不動の人気を得ることになります。

彼が演じるキャラクターは一貫して、「大げさなジェスチャーをしながら大声で話し、上司にへつらい部下に厳しく、自分の利益を第一に考えるエゴイスト」というどこにでもいそうな典型的なフランス人を小憎らしく演じています。

それだけであれば「すごく嫌な奴」で終わってしまうのですが、フュネスの凄いところは、そこに彼の「小柄」を強調し「擬音で感情や状況を表現する」ということで、「すごく嫌な奴」を「なんとも滑稽で憎みきれないキャラクター」に変身させてしまうことでした。

映画『大混戦』では実際の憲兵隊署を使って撮影しましたが、建物修復工事を経て2016年からは、映画関連の品々が展示されている「サントロペの憲兵と映画の博物館」として多くの観光客が訪れる有名スポットになっています。

まとめ

フランス人で知らない人はいない映画『大混戦』をご紹介しました。

喜劇俳優ルイ・ド・フュネスの大出世作である本作は、その成功によりシリーズ化され約18年間に渡って全6作が製作されました。

フランス語は比較的聞き取りやすくストーリーも理解しやすいので、フランス語字幕で挑戦してみてください。

主演キャストのフュネスは遅咲きでしたが、生涯に100本以上のコメディ映画に出演し、彼の作品は2021年になったいまでも定期的にテレビや映画館で上映され、今もなおフランス人を大いに笑わせています。

フランス人だけでなくヨーロッパ人が愛したフランスのエスプリ満載の映画『大混戦』を是非ご覧ください。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. 海辺の家族たち

    高年齢化社会の家族を描いた映画『海辺の家族たち』のあらすじと、ゲディギャン作品をご紹介!

  2. フランス映画『太陽がいっぱい』のあらすじ&見どころは?アラン・ドロンや魅力的なキャストはだれ?

  3. フランス語の勉強で悩む女性

    独学で仏検3級合格を目指してて直面した課題と対策方法

  4. フランス語学習のモチベーションが上がる目標の立て方

  5. ドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ(Visages Villages)』のあらすじ&映画監督アニエス・ヴァルダとJR

  6. ブリュノ・デュモン監督作品『ジーザスの日々』、あらすじと知っておくべきポイント3つ!

  7. フランス映画『おかしなおかしな訪問者』のあらすじと中世フランスの時代背景

  8. France - Paris

    フランス映画『Paris(パリ)』のあらすじと見どころ

  9. フランスのミュージカル映画『ロシュフォールの恋人たち』のあらすじ、キャストとサントラ有名曲

  10. フランス語で「ありがとうございます」は?丁寧な表現と友達へのカジュアルなお礼を例文付きで紹介!

  11. フランス映画『TAXi2』のあらすじ見どころと感想!日本人も登場?

  12. フランス映画『感傷的な運命』のあらすじと、キリスト教におけるプロテスタントとは

  13. Galeries Lafayette Toulouseの入り口

    フランスのデパート「Galeries Lafayette]のフロアマップの見方と注意点

  14. フランス語学留学してフランス語を上達できる人の特徴とは

  15. 実写版映画『シティーハンター:THE MOVIE 史上最香のミッション』のあらすじとフランスで大ヒットした理由とは

  1. パリ、ジュテーム

    パリに行きたくなる!恋がしたくなる!映画『パリ、ジュテーム』の…

  2. 海辺の家族たち

    高年齢化社会の家族を描いた映画『海辺の家族たち』のあらすじと、…

  3. 80年代ファンにおすすめのフランス映画『サブウェイ』のあらすじと…

  4. 自由すぎる?映画『タキシード』のあらすじと、80年代フレンチカル…

  5. クロード・ミレール監督の映画『ある秘密』のあらすじと、原作者フ…

  6. 映画『ヤマカシ』のあらすじと、パリ郊外発!世界的に人気のスポー…

  7. ジャン・ポール・ベルモンドの魅力と絶対に見ておくべきおすすめの…

  8. 伝説のコメディ映画『大進撃』のあらすじと、名場面『Tea For Two』…

  9. 上映から30年経った今でも人気の映画『人生は長く静かな河』のあら…

  10. フランス語の中級単語帳のおすすめは?仏検のレベル別対策学習に効…

  1. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  2. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  3. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  4. フランス留学で気をつけるべきこと

  5. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  6. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  7. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  8. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  9. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  10. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

ブログランキング