tutoiementとvouvoiementの違いと使い分け方法を詳しく解説!フランス語の敬語表現も紹介

皆さんは、“tutoiement” と “vouvoiement”、もしくは、“tutoyer" と “vouvoyer”という単語を聞いたことがありますか?

フランス語を勉強している人なら一度は聞いたことがあると思うのですが、フランス語では会話をする相手との「親しさ」によって主語が “Tu” になる場合と “Vous” になる場合があります。

ここでは、実際にどのようなシチュエーションで使い分ける必要があるのかなどを、詳しく説明していきたいと思います。

“tutoiement” と “vouvoiement” の違い

まず最初に、“tutoiement” と “vouvoiement” の単語の意味を理解しておきましょう。

“tutoiement” = “Tu” を使った話し方。主に友達同士や家族間など親しい相手との会話で使われる。「君」と訳されることが多い。

“vouvoiement” = “Vous” を使った話し方。主に初対面の人や年の離れた人、先生などあまり親しくない相手との会話で使われる。親しさは関係なく、相手が複数人いる場合にも使われる。「あなた / あなたたち / 君たち」と訳されることが多い。

Tutoyer “tutoiement”の動詞。
Vouvoyer “vouvoiement”の動詞

このように、相手との「関係性」や「親しさ」によって “Tu” を使うか “Vous” を使うかがかわってきます。

“tutoiement” と “vouvoiement” の使い分け

この “tutoiement” と “vouvoiement” は、日本語でいう「タメ口」と「敬語」に似ているところがあります。

もちろん全く同じものではありませんが、 「“tutoiement” はタメ口で話せる相手との会話で、 “vouvoiement” は普段敬語で話すような相手との会話で使用する」と覚えておくとわかりやすいでしょう。

しかしフランス人と日本人の感覚はもちろん違いますし、国籍に関係なく、個人の感覚もそれぞれです。

同じ学校の友達や、明らかにタメ口で大丈夫だとわかる相手以外には失礼のないように、まずは“vouvoiement”で話し始め、相手に「“tutoiement” で大丈夫だよ!」と言われたら “tutoiement” に切り替える、という流れが無難だと思います。

私も留学中にホームステイをしたことがあるのですが、ホストマザーとの会話は最初は “vouvoiement” で始め、彼女が「“Tu” でいいよ」と言ったのをきっかけに “tutoiement” に切り替えました。

もしくは On peut se tutoyer?(Tuで話してもいい?)と確認してみることをオススメします。

主語が変わると動詞の活用も変わるのがフランス語の厄介なところ。できれば言いやすい簡単な活用の方で話したいですよね…。

Tuの活用の方が、Jeの活用と音が同じでシンプルなので、できれば “tutoiement” で会話したいというのがフランス語学習者の本音ではないでしょうか。

フランス語の敬語表現 “vouvoiement” と条件法

上述したように、年上や初対面の相手には敬語を使うのと同じように、主語を “Vous” にすることで言葉を丁寧にし、敬意を表すことができます。

例えば、誰でも知っている “S’il vous plaît” も “vouvoiement” の良い例です。

レストランやカフェでオーダーする時には、“Un Café, s’il vous plaît.” と言いますよね。

“Un Café, s’il te plaît.” だと、店員と友達なのか?と、かなり馴れ馴れしく感じてしまいますので注意しましょう。

さらに、“vouvoiement” だけでなく、動詞を条件法にすることで語気が緩和され、より丁寧な言い方になるので一緒に覚えておくと便利です。

例文:

Pourriez-vous m'aider, s'il vous plaît ?(手伝ってもらえませんか?)

J'aurais un service à vous demander.(あなたにお願いがあるのですが…)

まとめ

フランス語の “tutoiement” と “vouvoiement” の違いと使い分けについて説明しました。

日本語に敬語や丁寧語があるように、フランス語でも “vouvoiement” を使うことで相手に敬意を示したり、言葉を丁寧にすることができます。

フランス人と実際に会話をする機会がある場合は、相手との心の距離を考えて “tutoiement” と “vouvoiement” を使い分けれるようにしましょう。

さらに条件法を使うことで、より丁寧な言葉になることも覚えておくと便利です。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. フランス映画『TAXi3』のあらすじ・見どころと豪華キャストのゲスト出演

  2. パリ・サクレクール寺院

    フランス映画『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』のあらすじとロケ地

  3. フランス映画『TAXi』のあらすじとキャスト|無名の頃のマリオン・コティヤールも出演!

  4. フランス映画『ココ・アヴァン・シャネル』のあらすじとココの名台詞

  5. フランス映画『アンタッチャブルズ(De l’autre côté du périph)』のあらすじと見どころ

  6. AudibleとAudiobook.jpを比較して聞けるPCとスマホ

    大人気のAudibleとAudiobook.jpを比較!勉強に利用するならどちらがおすすめ?

  7. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  8. フランス映画『最強のふたり』をフランス語学習者にお勧めする理由

  9. フランスで語学留学するなら主要12都市の中からどこを選ぶ?2位はパリ!1位は?

  10. フランス語の難しい発音をカタカナ語からネイティブ並に直す練習方法

  11. 仏検2級は独学でも合格できる!勉強時間を縮める効率よい勉強法とは?

  12. フランス語学習者がDELF/DALFを受験するメリットとは?

  13. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く』第2話のあらすじ・ネタバレとフランス語の男性名詞・女性名詞

  14. 映画『プチ・ニコラ』のあらすじと原作がフランス人に愛され続けている理由とは

  15. フランス語で手帳をつけてみる

    手帳をフランス語でつけるとフランス語力アップに役立つって本当?手帳の活用術

  1. フランス人が日本のことを好きなのはなぜ?アニメや漫画以外の魅力…

  2. フランス語で「ありがとうございます」は?丁寧な表現と友達へのカ…

  3. 映画『ユマニテ』のあらすじと演技未経験で男優賞・女優賞を受賞し…

  4. フランス映画『ボヴァリー夫人とパン屋(Gemma Bovary)』の…

  5. フランス映画『ジェヴォーダンの獣』のあらすじと当時の歴史的な時…

  6. フランス語の“Putain”には良い意味もあるって本当!?“Merde”や“put…

  7. ブリュノ・デュモン監督作品『ジーザスの日々』、あらすじと知って…

  8. フランス映画『感傷的な運命』のあらすじと、キリスト教におけるプ…

  9. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』のあらすじ…

  10. 映画『スパニッシュアパートメント』のあらすじと、すぐに使えるフ…

  1. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  2. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  3. フランス留学で気をつけるべきこと

  4. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  5. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  6. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  7. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  8. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  9. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  10. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

ブログランキング