tutoiementとvouvoiementの違いと使い分け方法を詳しく解説!フランス語の敬語表現も紹介

皆さんは、“tutoiement” と “vouvoiement”、もしくは、“tutoyer" と “vouvoyer”という単語を聞いたことがありますか?

フランス語を勉強している人なら一度は聞いたことがあると思うのですが、フランス語では会話をする相手との「親しさ」によって主語が “Tu” になる場合と “Vous” になる場合があります。

ここでは、実際にどのようなシチュエーションで使い分ける必要があるのかなどを、詳しく説明していきたいと思います。

“tutoiement” と “vouvoiement” の違い

まず最初に、“tutoiement” と “vouvoiement” の単語の意味を理解しておきましょう。

“tutoiement” = “Tu” を使った話し方。主に友達同士や家族間など親しい相手との会話で使われる。「君」と訳されることが多い。

“vouvoiement” = “Vous” を使った話し方。主に初対面の人や年の離れた人、先生などあまり親しくない相手との会話で使われる。親しさは関係なく、相手が複数人いる場合にも使われる。「あなた / あなたたち / 君たち」と訳されることが多い。

Tutoyer “tutoiement”の動詞。
Vouvoyer “vouvoiement”の動詞

このように、相手との「関係性」や「親しさ」によって “Tu” を使うか “Vous” を使うかがかわってきます。

“tutoiement” と “vouvoiement” の使い分け

この “tutoiement” と “vouvoiement” は、日本語でいう「タメ口」と「敬語」に似ているところがあります。

もちろん全く同じものではありませんが、 「“tutoiement” はタメ口で話せる相手との会話で、 “vouvoiement” は普段敬語で話すような相手との会話で使用する」と覚えておくとわかりやすいでしょう。

しかしフランス人と日本人の感覚はもちろん違いますし、国籍に関係なく、個人の感覚もそれぞれです。

同じ学校の友達や、明らかにタメ口で大丈夫だとわかる相手以外には失礼のないように、まずは“vouvoiement”で話し始め、相手に「“tutoiement” で大丈夫だよ!」と言われたら “tutoiement” に切り替える、という流れが無難だと思います。

私も留学中にホームステイをしたことがあるのですが、ホストマザーとの会話は最初は “vouvoiement” で始め、彼女が「“Tu” でいいよ」と言ったのをきっかけに “tutoiement” に切り替えました。

もしくは On peut se tutoyer?(Tuで話してもいい?)と確認してみることをオススメします。

主語が変わると動詞の活用も変わるのがフランス語の厄介なところ。できれば言いやすい簡単な活用の方で話したいですよね…。

Tuの活用の方が、Jeの活用と音が同じでシンプルなので、できれば “tutoiement” で会話したいというのがフランス語学習者の本音ではないでしょうか。

フランス語の敬語表現 “vouvoiement” と条件法

上述したように、年上や初対面の相手には敬語を使うのと同じように、主語を “Vous” にすることで言葉を丁寧にし、敬意を表すことができます。

例えば、誰でも知っている “S’il vous plaît” も “vouvoiement” の良い例です。

レストランやカフェでオーダーする時には、“Un Café, s’il vous plaît.” と言いますよね。

“Un Café, s’il te plaît.” だと、店員と友達なのか?と、かなり馴れ馴れしく感じてしまいますので注意しましょう。

さらに、“vouvoiement” だけでなく、動詞を条件法にすることで語気が緩和され、より丁寧な言い方になるので一緒に覚えておくと便利です。

例文:

Pourriez-vous m'aider, s'il vous plaît ?(手伝ってもらえませんか?)

J'aurais un service à vous demander.(あなたにお願いがあるのですが…)

まとめ

フランス語の “tutoiement” と “vouvoiement” の違いと使い分けについて説明しました。

日本語に敬語や丁寧語があるように、フランス語でも “vouvoiement” を使うことで相手に敬意を示したり、言葉を丁寧にすることができます。

フランス人と実際に会話をする機会がある場合は、相手との心の距離を考えて “tutoiement” と “vouvoiement” を使い分けれるようにしましょう。

さらに条件法を使うことで、より丁寧な言葉になることも覚えておくと便利です。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. フランス映画『戦争より愛のカンケイ』のあらすじと、フランスにおける右翼と左翼の違いとは

  2. フランス語を話す外国人の恋人ができた時の付き合い方の注意点

  3. フランス語とバラ

    漫画『「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語』はフラ語勉強の参考書としてあり?なし?

  4. 映画『大混戦』のあらすじともっと映画が面白くなる3つのポイント

  5. バティニョールおじさん

    映画『バティニョールおじさん』のあらすじと、ストーリーを理解するのに役立つ「ヴィシー政権」とは

  6. フランス語学習の定番かつ王道!NHKラジオ講座って良い?

  7. スラッシュリーディングとは?スラッシュリーディングのやり方とメリットとデメリットとは

  8. フランス映画『天国でまた会おう』のあらすじと感想

  9. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  10. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  11. フランス語の勉強をする女の子

    目的別!フランス語のオンラインレッスンが受講できるフラ語教室5選

  12. フランス語学習の初心者が最も難しいと感じるのは名詞の性と何?

  13. 仏検5級のレベルはどの程度?フランス語資格試験の学習に役立つ過去問も紹介!

  14. フランス語学習で発音の壁にぶつかる理由とその攻略法

  15. Le Quart d'heure américain

    映画『Le Quart d'heure américain』のあらすじと、フレンチコメディ映画の女王「アネモヌ」とは

  1. THE UPSIDE最強のふたり

    映画『THE UPSIDE 最強のふたり』のあらすじと、オリジナル版とリメ…

  2. フランス語レシピの見方と注意点!日本語レシピと異なる独特の略語…

  3. Summer of 85

    フランソワ・オゾン監督作品『Summer of 85』のあらすじと、映画化…

  4. アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台

    フランス映画『アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台』のあら…

  5. 92歳のパリジェンヌ

    フランス映画『92歳のパリジェンヌ』のあらすじと、映画化までの3…

  6. イヴ・サンローラン

    フランス映画『イヴ・サンローラン』のあらすじと、より楽しく見る…

  7. tout s'est bien passé

    フランス映画『Tout s'est bien passé』のあらすじと、世界の「安楽…

  8. マンディブル2人の男と巨大なハエ

    フレンチコメディ映画『マンディブル-2人の男と巨大なハエ』のあら…

  9. 英雄は死なない

    映画『英雄は死なない』のあらすじと、映画を楽しむために知ってお…

  10. ヴィオレッタ

    フランス映画『ヴィオレッタ』のあらすじと、実の娘のヌード写真撮…

  1. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  2. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  3. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  4. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  5. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  6. フランス留学で気をつけるべきこと

  7. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  8. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  9. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  10. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

ブログランキング