カナダのワーホリビザを申請するのに必要な手続きと現地の仕事の種類

海外に出てフランス語の勉強や現地で仕事をしてみたいと考えた時、勉強と仕事の両方ができる人気の高いオススメの国としてカナダが挙げられます。

ただ、カナダというと英語圏では?とイメージを持っている人がいるかもしれませんが、実はカナダにあるケベック州ではフランス語と英語が公用語となっています。

もちろん、カナダは英語が公用語になっている州の方が多いので、フランス語を勉強したいという人は、ケベック州を滞在先の候補地にしてみると良いでしょう。

また、通常カナダで仕事をする場合には、労働許可のあるビザを取得しておく必要がありますが、ワーキングホリデービザを取得すれば、1年間の滞在許可と労働許可を得ることができるので、勉強も仕事もカナダでできるようになります。

ここではフランス語を勉強したい人や現地で仕事をしたい人がワーホリ先としてカナダを選ぶ際のメリットやどんな仕事が現地でできるのかについてご紹介します。

カナダでワーホリをするメリットとは?

カナダでワーホリをするメリットは、多国籍文化に触れることができることです。

特に、多彩な食文化を楽しむことができるのはカナダならではの楽しみの1つです。

カナダは移民によって国家が形成された背景があり、様々な国々からやってきた移民がそれぞれの食文化を一緒に持ち込んだため、カナダにいるにも関わらず、多種多様な国々の本物の味を味わうことができるのです。

カナダは世界で2番目に国土が広く、各地によって伝統料理や文化が大きく異なりますが、その筆頭はケベック州です。

ケベック州にはフランスからの移民が多く、英語ではなくフランス語が公用語として使用されているので、他の州とは文化的に大きく異なる側面を持っています。

フランス文化とカナダ文化が混在しているモントリオールの街並みは、観光地としてもオススメです。

モントリオールは、フランスのパリを想像させるような石造りの町並みで、「北米のパリ」と呼ばれるほどヨーロッパの雰囲気が感じられる地域なのです。

カナダは移民国家であるため外国人に対して寛容で、白人が多い国家でありながら、日本人や外国人に対する差別が少ない国でもあります。

異文化の人々が混在し、様々な文化を受け入れているため、留学生に優しい国でもあり、比較的「嫌な思い」をしないで済むのも大きな魅力の1つです。

カナダでワーホリ中にできる仕事とは?

語学学習に向いている地であるカナダでワーホリ中にできる仕事はどのようなものがあるのでしょうか。

実はカナダは「経済大国」として日本も出席しているG20に参加している国になります。

そのため、仕事は多種多様であり、例えばカナダは冬のシーズンになるとホッケーやスノーボードなどのウインタースポーツが主流となるため、ロッジでの仕事やイベントスタッフとして仕事があります。

また、カナダ特有の美しい自然を生かした映画撮影が行われることもあるので、運がよければエキストラで映画出演なんてチャンスがあるかもしれません。

映画によっては日本人エキストラを募集ということもあるので、興味があれば求人情報をチェックしておくと良いでしょう。

他には、人の行き来が多いカフェやお土産屋などもワーホリ中にはオススメの仕事先となります。

とにかく仕事の種類は豊富なので、あとは実際に働くために必要な語学力をどこまで伸ばせるかによって仕事の幅を広げられるかにかかっていると言えるでしょう。

ワーキングホリデービザを取得に必要な手続きは?

カナダでワーホリを行うために必要となる手続きがビザの申請になります。

カナダの場合はビザの申請する際のルールが毎年異なっているので出発する時には古い情報を参考してしまい、誤って必要事項の漏れがないように注意しておきましょう。

まず、ワーキングホリデービザを申請する際は、IECとWork permitの2段階になります。

まずはインターネット上からMycicアカウントを作成し、IEC申請を行うためにワーキングホリデーの申請枠に自分をノミネートして提出します。

すると受付完了のレターが届くので、次に招待レターが10日以内に届き、Work permitの申請をおこないます。

Work permitでは、各種質問内容に回答し、書類をアップロードしたあと、申請料を支払い、その後に指紋採取を要求されるので、東京のVACに行き指紋採取を行います。

以上の手続きを済ませることでワーキングホリデービザの許可がおりるという流れです。

全ての手続きが終わるまでにかかる時間はおよそ2ヶ月となりますので、出発時期が決まっている場合は逆算してしっかりと準備が間に合うように手続きを済ませておくようにしましょう。

カナダでフランス語を学びながらワーホリライフを満喫しよう!

カナダは、街を歩いているだけで様々な国の人々と出会うことができる、とても刺激的で日本とは全く環境の異なる国です。

語学を学ぶことも大切ですが学んだことを実際に使用するということもとても大事です。

日本人が少ない郊外の地域やカナダでしかできないファームステイなどに参加すると、カナダに住む現地の人々と交流を持つことができます。

フランス語が公用語のケベック州に飛び込めば、目的であるフランス語習得のためにも、きっと良い経験となることでしょう。

日本では味わえない大自然の空気と都会の活気などを体験し、帰国する頃にはまだカナダにいたいと思えるような充実した時間を過ごせるに違いありません。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. フランス語で「ありがとうございます」は?丁寧な表現と友達へのカジュアルなお礼を例文付きで紹介!

  2. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこととは

  3. フランスホラー映画『フロンティア』のあらすじとネタがよりよく分かるストーリー背景

  4. 短期留学中のフランスで旅行時に役立つおすすめの旅行アイテム3選!

  5. 海外留学する人に海外プリペイドカードがおすすめな理由

  6. 1年間の語学留学中にフランスで一人旅をする醍醐味とは?

  7. 語学留学中の一人旅で役立つおすすめの厳選防犯グッズ2選!

  8. フランス語学留学してフランス語を上達できる人の特徴とは

  9. カナダにフランス語留学するメリットとデメリットとは?カナダ人の英仏バイリンガル率は何%?

  10. フランス語で「好き」「愛してる」の違いはどう表現する?Je t’aime以外のフランス人の愛情表現とは

  11. フランスに留学する際に覚えておくべき基本マナー

  12. NEOMONEY(ネオマネー)が海外プリペイドカードの中でもおすすめの理由

  13. 語学留学は短期でも日常会話に困らないレベルまで上達できるのか?

  14. フランスにホームステイしてもフランス語を上達出来ない人の特徴

  15. フランス留学中のお金はどうやって持っていく?おすすめの準備方法

  1. アリスと市長

    映画『アリスと市長』のあらすじと、フランスを代表する6つの政党…

  2. あの頃エッフェル塔の下で

    フランス映画『あの頃エッフェル塔の下で』のあらすじと、現代フラ…

  3. シャチの調教師

    フランス映画『君と歩く世界』のあらすじとプーチン似のマティアス…

  4. 世界の最後の日々

    フランス映画『世界の最後の日々』のあらすじと、世界が終わる前に…

  5. オーケストラ!

    フランス映画『オーケストラ!』のあらすじと撮影の裏話|希望に満…

  6. デイズ・オブ・グローリー

    フランス政府を動かした映画『デイズ・オブ・グローリー』のあらす…

  7. Pour 100 briques, t'as plus rien...

    映画『Pour 100 briques, t'as plus rien...』のあらすじとモリナロ…

  8. ジェラール・ジュニョ作品のマイベストランキング

    ジェラール・ジュニョ監督のおすすめベストランキング・トップ3!…

  9. Fantôme avec chauffeur

    家族で楽しめる映画『Fantôme avec chauffeur』のあらすじと、コメ…

  10. フランス人の出会ってからキス・エッチするまでの期間はどれくらい…

  1. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  2. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  3. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  4. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  5. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  6. フランス留学で気をつけるべきこと

  7. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  8. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  9. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  10. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

ブログランキング