フランスでワーホリする魅力とワーキングホリデービザの申請方法

フランスでワーホリをするのに必要な手続きと仕事の種類とは?

フランスといえば「花の都」や「芸術の街」など街や都市によって様々な言葉で例えられるなどオシャレで洗練された文化を持った国です。

そんなフランスに一度でいいから住んでみたいと憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。

ただフランスと日本では距離が遠く離れていることもあり時間やお金がかかることを考えると一度訪れたなら短期間の観光だけではなく、自由に長期間もの間でフランスの国内旅行やフランス語の勉強に費やしてみたいもの。

ここでは、そんな旅行も勉強もできるフランスのワーキングホリデーの魅力やビザの申請方法や仕事の種類までまとめてご紹介します。

フランスでワーホリをするメリットとは?

ワーキングホリデーでは1年間の期間内であれば語学学校に通うことやフランス国内で働くなど自分で自由に滞在方法を決めるこができるのが魅力です。

語学学校に通うために毎日歩く何気ない町並みにさえも、歴史的なアート作品や高層ビルや近代的な建築物があまりないフランスはどこを切り取っても美しい景観が目に止まります。

中世の街並みを残した都市やのんびりとした田舎の風景でさえもフランス文化をたっぷり満喫することができるため、フランス国内に滞在すればより一層フランス語を習得してフランス人と会話をしたいというモチベーションにもつなげることができるのもフランスに滞在する魅力の1つです。

フランス語の発祥の地であるフランスでは、英語が主流のヨーロッパにおいても他の言語とは少し異なるアクセントや流れるような文脈は日本語にはない発音もあるため、日本人にとっては習得が難しいと感じることがあるかもしれません。

しかし、フランス国内に滞在しながらフランス語に囲まれた生活を送っていると周りから聞こえてくるフランス語の音に耳が馴染んで行き、気づけばヒアリングスキルが向上することも期待できます。

憧れのフランスに住んでいると気になることや質問したいことがたくさん出てくるので、

より一層フランス語が早く話せるようになりたい気持ちが強まってくるので、フランス語を学ぶならフランスにワーホリに行くのが良いでしょう。

フランスでワーホリ中にできる仕事の種類とは?

フランスでワーホリをする際には気になるのは現地での仕事の種類です。

ワーホリの資格を持っていれば基本的に専門資格がいるような仕事以外であれば働くことが出来ます。

フレンチレストラン、日本食屋さん、おしゃれなカフェやショップ店員などの仕事にもつくことが出来ます。

ワーキングホリデービザの取得に必要な手続きとは?

フランスでのワーキングホリデービザには募集人数が1,500人と制限があります。

この制限を超える応募があった場合には抽選によりビザの発給が行われるため、申請したけどワーホリビザが支給されなかったということも可能性としてはあります。

具体的なビザの申請手続きにおいて、フランス大使館へ来館して行うことになります。

郵送やオンラインでの受付は行っていないので注意が必要です。

まず、インターネットから東京にあるフランス大使館へ来館申請の予約をします。

ビザ申請予約システムはフランス語、英語、スペイン語で記載されておりますが、使用方法を和訳されたPDFがありますので、こちらを参考にして申請すると良いでしょう。

>>ビザ申請予約システムの和訳PDF

ビザ申請予約システムでは、来館希望日、名前、性別、生年月日、パスポートの番号、メールアドレス、電話番号、国籍などの必要事項の入力をして予約を確定すると「参照番号」が表示されますので印刷をしておきます。

次に、予約をした日時にフランス大使館に必要書類を持って行きます。

ワーキングホリデービザ申請必要書類

ワーキングホリデービザの申請に必要書類は、下記になります。

  • 申請書類チェックリスト
  • 長期ビザ申請書1部
  • 証明写真
  • パスポート
  • 申請動機作文
  • 滞在中の計画と履歴書
  • 預金残高証明書
  • ワーキングホリデービザ宣誓書
  • 健康診断書
  • 海外旅行保険加入証明書
  • レターパックまたは切手の貼った封筒

下記のリンクから一覧表をダウンロードすることも出来ます。

>>ワーキングホリデービザの申請に必要な書類一覧

預金残高証明書では1年間の滞在に際して、滞在に必要な資金を備えているか証明するものであり日本円で40万円以上の預金座高を証明する必要があります。

海外旅行保険加入証明書については、クレジットカード付随の保険は対応不可になるので、注意をしておきましょう。

これらの書類や申請内容に不備がなければビザが交付されるまでおよそ10日で完了となります。

もし不備が見つかった場合には1ヶ月以上かかる場合があるので、提出物や記載に漏れや間違いがないように注意しましょう。

フランスでフランス語を学びながらワーホリライフを満喫しよう

フランスでの語学学校では授業が全てフランス語で行われるところが多いので、全く勉強をしていない状態で通ってしまうと授業についていけない可能性があります。

留学先で勉強するからと割り切らずに、渡仏前からきちんと勉強をしておけば、学校に通い始めてすぐに友達も作ることができますし、授業にもついていきやすいでしょう。

多少フランス語ができる状態になってから行く方が、休日に現地の友達と一緒に出かけるなどワーホリライフを満喫しやすいでしょう。

なお、フランスはスーパーの食材は安いですが、外食費は日本よりも高い国になります。

ワーホリビザなら現地でもお金を稼ぐことは出来ますが、できるだけ1年間の滞在費用を支えることができるくらいの費用は日本でしっかり働いて貯めておき、フランスでは観光もできる余裕があるように、資金計画を立てておくと良いでしょう。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. 海外留学中のひとり暮らしでも効率的かつ簡単に自炊する方法

  2. 完璧主義者は留学しても伸び悩む!?語学力が伸びる人の気質とは?

  3. 語学留学は短期でも日常会話に困らないレベルまで上達できるのか?

  4. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこととは

  5. 短期留学中のフランスで旅行時に役立つおすすめの旅行アイテム3選!

  6. フランスで一人旅をする時、スリ以外には何に注意すればよい?

  7. フランス留学中のお金はどうやって持っていく?おすすめの準備方法

  8. 1年間の語学留学中にフランスで一人旅をする醍醐味とは?

  9. スイスで語学留学するなら主要6都市の中からどこを選ぶ?2位はジュネーブ!1位は?

  10. フランス以外でフランス語留学ができる主要5カ国ってどこ?留学先の選び方

  11. 海外留学する人に海外プリペイドカードがおすすめな理由

  12. 留学者が患うパリ症候群とは何か?ホームシックとの違いと原因

  13. 映画『スパニッシュアパートメント』のあらすじと、すぐに使えるフランス語のスラングや俗語紹介

  14. フランス語圏に語学留学すれば本当にフランス語は身につくのか?

  15. フランス語の勉強をする女の子

    目的別!フランス語のオンラインレッスンが受講できるフラ語教室5選

  1. パリ、ジュテーム

    パリに行きたくなる!恋がしたくなる!映画『パリ、ジュテーム』の…

  2. 海辺の家族たち

    高年齢化社会の家族を描いた映画『海辺の家族たち』のあらすじと、…

  3. 80年代ファンにおすすめのフランス映画『サブウェイ』のあらすじと…

  4. 自由すぎる?映画『タキシード』のあらすじと、80年代フレンチカル…

  5. クロード・ミレール監督の映画『ある秘密』のあらすじと、原作者フ…

  6. 映画『ヤマカシ』のあらすじと、パリ郊外発!世界的に人気のスポー…

  7. ジャン・ポール・ベルモンドの魅力と絶対に見ておくべきおすすめの…

  8. 伝説のコメディ映画『大進撃』のあらすじと、名場面『Tea For Two』…

  9. 上映から30年経った今でも人気の映画『人生は長く静かな河』のあら…

  10. フランス語の中級単語帳のおすすめは?仏検のレベル別対策学習に効…

  1. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  2. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  3. フランス留学で気をつけるべきこと

  4. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  5. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  6. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  7. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  8. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  9. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  10. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

ブログランキング