家族で楽しめる映画『Fantôme avec chauffeur』のあらすじと、コメディ映画界の巨匠ウーリー監督を紹介!

Fantôme avec chauffeur

※当ブログにはプロモーションを含みますが、記事内容は公平さを心がけています。

「その日」は突然やってくる!

みなさんは常日頃、家族や身近な人に感謝の言葉を伝えていますか?

分かっていてもなかなかできない、照れ臭くて言えない、と言う方におすすめするのが、今回ご紹介させていただく映画『Fantôme avec chauffeur(読み方:ファントム・アベック・ショフール)』です。

「運転手付きの幽霊」というタイトルから想像できるように、コメディ仕立てになっている『Fantôme avec chauffeur』は、1996年にフランスで公開され、興行成績としては振るわなかったものの、テレビでの放送でじわじわと人気を高めていった作品です。

こんにちは!フレンチコメディ映画愛が止まらないカタクリです!

主演は、シリアスからコメディまでこなすフィリップ・ノワレ(Philippe Noiret)

フランス映画界では珍しく、俳優業一筋のノワレは、フランスとイタリアの合作映画『ニュー・シネマ・パラダイス(Nuovo cinema Paradiso)』で、英国アカデミー賞とヨーロッパ映画賞の主演男優賞を受賞、その他にも2回のセザール賞主演男優賞を受賞している、名優中の名優です。

以前にご紹介した1984年の大ヒット映画『フレンチ・コップス』は、ノワレの代表作の一つ!

ノワレの相棒を勤めるのがフランスの国民的コメディ俳優、ジェラール・ジュニョ(Gérard Jugnot)

本作品では、主役級俳優であるジュニョが脇役に徹しているところも見どころです!

それでは早速映画のあらすじと、本作品の監督でありフレンチコメディ映画界の巨匠ジェラール・ウーリー(Gérard Oury)をご紹介します!

※当ブログにはプロモーションを含みますが、記事内容は公平さを心がけています。

愛する人のその一言が聞きたかった!映画『Fantôme avec chauffeur』のあらすじ

大手企業の最高経営責任者であるフィリップ(Philippe)は、この日もパリの本社で朝からバリバリと会議をこなしていました。

ところが持病のせいかゴホゴホと咳が止まらず、体調が悪くなったため、仕事を早めに切り上げて帰宅することに。

その頃、本社の前では運転手のジョルジュ(Georges)が車の中でいつものように待機しながら聞いていたラジオ番組で、自分がロトの当選者だと気がつくのです。

そのことを知らないフィリップは、いつものようにスッと車へ乗り込もうとするのですが、ジョルジュは「ロトで大金が手に入ったから、こんな仕事やめてやる!」と、15年間の運転手生活の愚痴をブツブツと言い始めます。

車の前で揉めていた二人の前に、突然、バイクに乗った黒づくめの男が近寄り、銃弾をバンバンと複数放ちました。

突然のことに驚きバタッと倒れたジョルジュは、ムクッと立ち上がってあたりを見回すと、なんとフィリップが「自分の身体」を抱きかかえていたのですが……

笑って泣けるコメディ映画『Fantôme avec chauffeur』の予告編はこちら!

フレンチコメディ映画界の巨匠ジェラール・ウーリー

日本語での情報が少ないウーリー監督ですが、フランスではコメディ映画界の巨匠として、2022年の現在でも大変人気があります。

ここでは、より本作品『Fantôme avec chauffeur』を楽しんでいただくために、監督ジェラール・ウーリーについてまとめました。

コメディ・フランセーズの俳優として活躍

ロシアからフランスに移民としてやってきたユダヤ人を両親に持つウーリー監督は、1919年にパリで生まれました。

若い頃からお芝居が大好きで、20歳の時に国立劇団コメディ・フランセーズ(Comédie-Française)に入団します。

コメディ・フランセーズは、1680年にルイ14世が創立した劇団!前身は劇作家モリエールMolière)が作ったモリエール劇団です!

映画界へ進出

コメディ・フランセーズ入団の1年後、第二次世界大戦の影響でユダヤ人の迫害を受け、パリを離れてマルセイユやモナコを経由してスイスのジュネーブにたどり着きます。

状況が落ち着いた1945年頃から俳優活動を再開。

同じ時期に映画の制作側にも携わるようになります。

ゴールデントリオ:ウーリー、ブールヴィル、フュネス

ウーリー監督は、脚本も担当した『大追跡(Le Corniaud)』の主演を喜劇俳優ブールヴィル(Bourvil)ルイ・ド・フュネス(Louis de Funès)に依頼。

60年代当時、すでに大スターだった二人への交渉は困難を極めましたが、なんとか共演が実現します。

そして1965年に制作された映画『大追跡』は、フランス空前の大ヒット作品に!

撮影時の模様を語るブールヴィルとフュネスの姿はこちらです!

さらに翌年に制作された映画『大進撃(La Grande Vadrouille )』は爆発的ヒットに!

公開から31年間、フランス国内での映画の興行収入1位という伝説のコメディ映画となり、ウーリーブールヴィルフュネス「ゴールデントリオ」と呼ばれるようになりました。

フランス人なら誰でも知っている名作『大進撃』については、こちらの記事で紹介しています!

ゴールデントリオの次なる作品として期待されていた映画『大乱戦(La Folie des grandeurs)』でしたが、1970年、ブールヴィルは53歳という若さで癌により他界してしまったため実現されませんでした。

その後、ブールヴィルの代役として歌手としても人気だったイヴ・モンタン(Yves Montand)が 抜擢だってされ、『大乱戦』も大ヒットします

新たなゴールデントリオ誕生

フュネスとの仕事が続いたウーリー監督ですが、80年にはジャン=ポール・ベルモンド(Jean-Paul Belmondo)コリュシュ(Coluche)など、スターを次々に起用していきます。

90年代に入ると体調不良により作品発表のペースが落ちていきますが、1996年に作成した『Fantôme avec chauffeur』では、ノワレジュニョを起用したことで、新たなゴールデントリオの誕生かと期待されました。

新ゴールデントリオの「2作目」が期待されましたが、2006年ウーリーが永眠したことで、映画ファンの夢が幻となったのです。

まとめ

1996年に劇場公開された『Fantôme avec chauffeur』は、フランスではテレビでの放送でじわじわと人気を高めていった作品です。

フレンチコメディ映画界の巨匠ジェラール・ウーリー、フランスの名優フィリップ・ノワレ、そしてフランスの国民的コメディ俳優ジェラール・ジュニョがタックを組み、フランス映画界のゴールデントリオの再来と期待された作品です。

日本では残念ながら未公開のため、日本語字幕バージョンはありませんが、全編78分という短さに加え、サクサクと見ることができる軽いタイプのコメディ映画なので、フランス語を学び始めたばかりの人でも、十分楽しめる内容になっています。

家族みんなが楽しめるフランス映画の一つです!

ジュニョの他の作品も見てみたいという方は、こちらの記事もあわせてどうぞ!

日本語に訳されていない作品が多いですが、この機会にぜひご覧ください。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. フランス映画『コーラス(Les Choristes)』のあらすじ、登場人物と感想

  2. フランス映画『戦場のアリア』のあらすじと元となった実話の「クリスマス休戦」とは

  3. パリ警視庁:未成年保護部隊

    衝撃のフランス映画『パリ警視庁:未成年保護部隊』のあらすじと制作秘話とは

  4. 映画『アデル、ブルーは熱い色』のあらすじ、みどころと使えるフランス語フレーズ

  5. De toutes mes forces

    今のフランスが見える映画『De toutes mes forces』のあらすじと、注目の監督シャド・シュヌーガとは

  6. 『エミリー、パリに行く』シーズン1第5話「偽りの友」のあらすじとネタバレ

  7. フランス映画『プライスレス~素敵な恋の見つけ方~』のあらすじと主演キャストのガッド・エルマレの魅力

  8. 勉強のモチベーション維持に役立つ花

    独学で仏検3級対策をしていてもモチベーションを下げない4つの方法

  9. フランス映画『マルセルの夏』のあらすじと20世紀初頭のフランス社会問題とは

  10. Le Quart d'heure américain

    映画『Le Quart d'heure américain』のあらすじと、フレンチコメディ映画の女王「アネモヌ」とは

  11. アーティスト

    フランス映画『アーティスト』のあらすじと、アカデミー主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダンとは

  12. 大学をフランス語受験で合格するために絶対必要な勉強法

  13. フランス語学留学してフランス語を上達できる人の特徴とは

  14. 慶應義塾大学の通信課程におけるフランス語のカリキュラム

  15. フランス語入門者が短期間でフランス語を習得するのにおすすめの入門書

  1. オリンピックの選手村の食堂ではどんな料理が食べられる?パリオリ…

  2. オリンピックでアナウンスが開催国の言葉、英語に加えてフランス語…

  3. パリオリンピック開会式会場のセーヌ川ってどんな川?周辺の観光ス…

  4. フランス語の独学には東京外国語大学の言語モジュールがおすすめ!…

  5. あなたはまだ帰ってこない

    フランス映画『あなたはまだ帰ってこない』のあらすじと、デュラス…

  6. 裸足の季節

    フランス映画『裸足の季節』のあらすじと、デニズ・ガムゼ・エルギ…

  7. 『エミリー、パリに行く』シーズン1第10話(最終話)「まさかのキャ…

  8. 『エミリー、パリに行く』シーズン1第9話「アメリカ友の会のオーク…

  9. サンローラン

    フランス映画『SAINT LAURENT サンローラン』のあらすじと、ピエー…

  10. 『エミリー、パリに行く』シーズン1第8話「家族の事情」のあらすじ…

  1. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  2. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  3. フランス人はなぜ日本好き?憧れ惹かれる理由には日仏の共通点が関…

  4. フランス留学で気をつけるべきこと

  5. ロゼッタストーン・フランス語版の評判は良い?教材レベルとおすす…

  6. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  7. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  8. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  9. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  10. Duolingoがフランス語学習アプリとして秀逸な理由と使い方

ブログランキング