フランス映画『オフィサー・アンド・スパイ』のあらすじと、ドレフュス事件のその後とは

オフィサー・アンド・スパイ

真実は隠せない!

こんにちは!パリ在住のカタクリです!

いろいろな情報が溢れる中で、

「これって、ちょっとおかしいんじゃないかな?」

と感じる事件や出来事はありませんか?

この記事では、強い反論や炎上が怖いからはっきり言えないだけで、本当は心の中でいつも「違和感」を感じているという方にぜひ見ていただきたいフランス映画、『オフィサー・アンド・スパイ(原題:J'accuse)』を紹介します。

世界史でも習う「ドレフュス事件」が元になっています!

監督は自らも幼少期に第二次世界大戦のユダヤ人狩りを経験しているロマン・ポランスキー(Roman Polanski)

主演は『I feel Good』(2018)で金儲けのことばかり考えるジャックを演じたジャン・デュジャルダン(Jean Dujardin)と若手実力派俳優ルイ・ガレル(Louis Garrel)

ルイ・ガレルのお父さんは、『つかのまの愛人』などのヒット作を手掛けるポスト・ヌーヴェルヴァーグの巨匠フィリップ・ガレル監督です!

それでは早速、衝撃の事実を描いたフランス映画『オフィサー・アンド・スパイ』のあらすじの紹介と、事件後のアルフレッド・ドレフュス(Alfred Dreyfus)の人生を見てみましょう!

世間を相手に一人立ち上がった!映画『オフィサー・アンド・スパイ』のあらすじ

1895年1月5日。

パリの陸軍士官学校の校庭には、フランス軍の兵士隊とアルフレッド・ドレフュス元大尉(Alfred Dreyfus)の姿がありました。

前年9月に発覚したドイツ軍への密告疑惑に対し有罪判決を告げられたドレフュス元大尉は、ガヤガヤと集まってきた市民から「裏切り者」と罵倒を受ける中、見せしめにされるかのように軍服のボタンや勲章をどんどんと剥ぎ取られていきます。

元上司のサンデール大佐(le colonel Jean Sandherr)や、ピカール少佐(le commandant Picquart)が遠くからじーっと見守る中、何度も「私は無実だ!」とドレフュス元大尉は叫び続けますが、陸軍大臣の命令によりフランス領ギアナに位置する「ディアブル島」へ流されることになったのです。

ディアブル島には1852年から1953年まで、重犯罪者を収容する監獄が設置されていました!

この「事件」は新聞で大々的に取り上げられ、ワーっとフランス中に知れ渡ります。

後日、ピカール少佐は友人らとピクニックへ行くのですが、やはり話題はドレフュス事件一色。

うんざりしていたピカール少佐は、ふと、士官学校で教鞭をとっていた頃に、ドレフュス元大尉と一度だけ直接会話した日のことを思い出します。

ある日、授業が終わった後、当時生徒だったドレフュスが「成績が悪かったのは唯一あなたの授業だけなのですが、私がユダヤ人だからですか?」と詰め寄ってきたのです。

「私はユダヤ人が好きではないが、成績を決めるのはそれが理由ではない」と答えたやりとりを振り返りながら、

果たしてドレフュス元大尉がスパイ行為をするのだろうか?

という疑問がふと湧いてくるのです。

翌日、ピカール少佐は電報によって諜報部、通称「第二事務所」の部長に任命され、フランス史上最年少で中佐へ昇格したことを知ります。

次の日に諜報部を担当しているアンリ少佐(le commandant Henry)の案内で、施設を訪れるのですが… …

最後まで目が離せない歴史サスペンス映画『オフィサー・アンド・スパイ』の日本版の予告編はこちらから!
さらに迫力のあるフランス版も合わせてご覧ください!

ドレフュス事件のその後

ここでは、映画の最後にも少し触れられているドレフュス事件のその後について見てみましょう。

キャリアの交渉と引退

1906年、無罪が判決され釈放されたアルフレッド・ドレフュスは、当時のフランス首相ジョルジュ・クレマンソー(Georges Clemenceau)や軍事省、そしてピカール将官へ「昇格」の申し出をします。

ところが、約10年間の投獄期間は、法律により勤務年数に換算することができないことから申請は却下。

そのため、翌年の1907年に48歳で引退という道を選びます。

銃撃を受けた後フランス軍へ復帰

翌年、1908年。

本作品のフランス版タイトルにも使われドレフュス事件を強く非難した記事「J'accuse…!」を投稿した、19世紀を代表する作家エミーユ・ゾラ(Émile Zola)の葬儀がパンテオンで行われました。

「J'accuse…!」の原文はこちらから読むことができます!

参列したドレフュスは、反ユダヤ人主義のジャーナリストに銃撃され、腕に傷を負ってしまうのです。

その後、しばらくは表立った舞台から身を隠しますが、1912年、ソルボンヌ大学で言語学の教鞭をとるフェルディナン・ブリュノ(Ferdinand Brunot)の依頼で、ドレフュスは音声録音に協力します。

ドレフュスの肉声を、こちらで聞くことができます!

1917年の第一次世界大戦では、砲兵隊の司令長としてフランス軍へ復帰し、ヴェルダンの戦いなどで指揮をとります。

レジオン・ドヌール勲章、そして旅立ち

第一次世界大戦中の功績が讃えられ、1919年、フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章を授与され、これを機に軍人を完全に引退することを決めたのです。

その後は静かに過ごし、1935年、パリの自宅にて家族に囲まれ75歳で静かに旅立ちました。

家族の証言から、ドレフュスは最後までフランス人としてフランスを守ろうとしたということです

まとめ

国や世間から非難されながらも「真実」のために戦ったピカール中佐を中心に描いたフランス映画『オフィサー・アンド・スパイ』

世界的に有名な「ドレフュス事件」をベースに、最後まで目が離せない上質の歴史サスペンス作品に仕上がっています。

この映画に対して出演者たちも熱く思いを語っています

劇中で使われているフランス語は、軍事用語も多く時代背景を知っていないと理解するのが難しいため、学習教材としてはかなりハイレベルですが、フランスの歴史を知る上で見ておきたい映画の一つです。

映画を見る前に、こちらで予習すると話が分かりやすくなりますよ!

おまけ

2020年のセザール賞12部門にノミネートされた映画『オフィサー・アンド・スパイ』

しかし、70年代から続く未成年性的虐待への裁判から逃げ回っているポランスキー監督に対して、セザール賞が行われる会場前ではフェミニスト団体による抗議が行われました。

さらに、ポランスキー監督の最優秀監督賞受賞が発表されると、2018年の映画『BPM ビート・パー・ミニット』で人気女優の仲間入りをしたアデル・エネル(Adèle Haenel)をはじめ、フェミニストの女優たちが会場を後にするという前代未聞のハプニングが起こりました。

たくさんいる被害者のためにも、こちらの真実も解明されることを願っています!

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. Audibleでフランス語のリスニング強化をする女性

    Audible勉強法でリスニングを効果的に鍛える方法は?楽しみながらフラ語力向上も!

  2. 仏検2級に合格するためのディクテ(書き取り試験)対策方法

  3. France - Paris

    フランス映画『Paris(パリ)』のあらすじと見どころ

  4. フランス映画『グラン・ブルー』のあらすじと実在した登場人物紹介

    フランス映画『グラン・ブルー』のあらすじと実在した登場人物紹介

  5. Repettoのアウトレットシューズ

    Repetto(レペット)はどんなブランド?お得に安く変えるアウトレットはどこにある?

  6. フランス映画『感傷的な運命』のあらすじと、キリスト教におけるプロテスタントとは

  7. サンタクロースはゲス野郎

    想像できないストーリー展開!映画『サンタクロースはゲス野郎』のあらすじと、知られざる5つのエピソード

  8. フランス語を話す外国人の恋人ができた時の付き合い方の注意点

  9. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く』第2話のあらすじ・ネタバレとフランス語の男性名詞・女性名詞

  10. タンギー

    映画『Tanguy』のあらすじと、フランスで増え続ける「タンギー現象」とは

  11. 美人女性

    フランス人とのハーフ芸能人には美男美女が多い!特にかわいい女性ハーフタレントは?

  12. フランス人のヴァカンス

    フランス人のヴァカンスを描いた大ヒット作!映画『レ・ブロンゼ〜日焼けした連中』のあらすじと裏話

  13. 『星の王子さま』の重要単語『apprivoiser(アプリヴォワゼ)』の意味と魅力

  14. Fantôme avec chauffeur

    家族で楽しめる映画『Fantôme avec chauffeur』のあらすじと、コメディ映画界の巨匠ウーリー監督を紹介!

  15. 挨拶でキスするカップル

    フランス人を好きになったらフランス語を勉強するしかない!?

  1. THE UPSIDE最強のふたり

    映画『THE UPSIDE 最強のふたり』のあらすじと、オリジナル版とリメ…

  2. フランス語レシピの見方と注意点!日本語レシピと異なる独特の略語…

  3. Summer of 85

    フランソワ・オゾン監督作品『Summer of 85』のあらすじと、映画化…

  4. アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台

    フランス映画『アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台』のあら…

  5. 92歳のパリジェンヌ

    フランス映画『92歳のパリジェンヌ』のあらすじと、映画化までの3…

  6. イヴ・サンローラン

    フランス映画『イヴ・サンローラン』のあらすじと、より楽しく見る…

  7. tout s'est bien passé

    フランス映画『Tout s'est bien passé』のあらすじと、世界の「安楽…

  8. マンディブル2人の男と巨大なハエ

    フレンチコメディ映画『マンディブル-2人の男と巨大なハエ』のあら…

  9. 英雄は死なない

    映画『英雄は死なない』のあらすじと、映画を楽しむために知ってお…

  10. ヴィオレッタ

    フランス映画『ヴィオレッタ』のあらすじと、実の娘のヌード写真撮…

  1. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  2. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  3. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  4. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  5. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  6. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  7. フランス留学で気をつけるべきこと

  8. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  9. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  10. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

ブログランキング