フランス映画『オーケストラ!』のあらすじと撮影の裏話|希望に満ちた最高のコメディ作品!

オーケストラ!

諦めなければ「奇跡」は必ず起きる!

2022年現在、世界を騒がしているロシア。

常に激動の歴史を歩んできたこの大国の犠牲者は、その国に住む国民かもしれません。

「歴史とか政治とか小難しい話は全然わからない!」

という方にオススメするのが、フランス映画『オーケストラ!(原題:Le Concert)』です。

こんにちは!フランスに来てから、世界史を再勉強したカタクリです!

ソ連時代の「ユダヤ人迫害」という重いテーマを、「コメディ」というジャンルで表現したのは、自身もユダヤ人であるラデュ・ミヘイレアニュ(Radu Mihaileanu)監督

ルーマニアで生まれたミヘイレアニュ監督は、社会情勢の影響でイスラエルに移民したのちに、フランスに移り住んできた経歴を持っています。

「ユダヤ人迫害」というテーマをシリアスに描いた映画『ある秘密』もあわせてご覧ください

フランスでは2009年に、日本では2010年に公開された映画『オーケストラ!』は、2010年のセザール賞で音楽賞と音響賞を受賞しました。

ラストシーンで演奏されたチャイコスフキーのヴァイオリン協奏曲(二長調作品35)が心に残ります!ちなみに、チャイコスフキーもユダヤ人です!

それでは早速、映画『オーケストラ!』のあらすじと、撮影の裏話を一緒にみていきましょう。

映画『オーケストラ!』のあらすじ|音楽は嘘をつかなかった!

この日もボリショイ劇場では、ロシアが世界に誇る「ボリショイ交響楽団」のリハーサルが行われていました。

モーツアルトのピアノ協奏曲第21番が美しく奏でられる中、突然、着信音がピロロンと鳴り響きます。

鳴り止まない携帯電話を抑えながら、いそいそと会場を出る清掃員。

彼こそが、ソ連時代にボリショイ交響楽団の天才指揮者と言われたアンドレイ・フィリポフ(Andreï Filipov)なのです。

1970年代のブレジネフ政権下、「ある事件」がきっかけでアンドレイは指揮者の座から引きずり下ろされ、清掃員としてボリショイ劇場で働き、細々と生活していました。

いつか音楽の世界に戻りたい!という思いから、掃除の合間に交響楽団のリハーサルをじーっと覗き見る日々。

そんなある日、アンドレイがいつものように劇場の支配人室をせっせと掃除していると、突然FAXが届きます。

それは、パリの名門劇場「シャトレ座」から送られてきた「出演依頼状」でした。

ふと、ある事を思いついたアンドレイは、送られてきたFAX用紙をポケットにそっと忍ばせました。

翌日、アンドレイはかつてボリショイ交響楽団の天才チェロ奏者と言われ、現在は救急車の運転手をしているサーシャ(Sacha)を呼び出し、こっそりと「出演依頼状」を見せながら、こう提案したのです……

30年前に一緒に追放されたオーケストラの楽団員たちを集め、もう一度「ボリショイ交響楽団」としてパリで復活しよう!

笑いと感動が織りなすストーリー自体が、まさにオーケストラ!そんな本作品の予告編はこちらです!

『オーケストラ!』がもっと面白くなる!映画の裏話をご紹介

2009年ヨーロッパ諸国で大ヒットした映画『オーケストラ!』は、本編の半分以上がロシア語という異色のフランス映画。

本作品をより面白く見るために、映画の裏話をいくつかご紹介します!

困難を極めたロシアでのロケ!

映画の半分以上が「ロシア」が舞台になっている本作品ですが、そのほとんどがミヘイレアニュ監督の祖国であるルーマニアで撮影されました。

理由は、映画撮影許可を含むヴィザがなかなか降りなかったこと!

撮影スタッフは、ロシア大使館となんと半年以上も申請手続きのやり取りを行ったにも関わらず、回答が得られない状態でした。

ところが、アンドレイを演じた俳優アレクセイ・グシュコブ(Aleksei Guskov)の協力を得て、なんとか2日間の撮影許可が降りたそうです。

この2日間で赤の広場など、モスクワでのシーンを全て撮影したそうです。

ポーランド出身のアレクセイは、ロシアでは70本以上の映画に出演している大人気の俳優さんです!

メラニー・ロランはヴァイオリンが弾けない!?

若きヴァイオリンソリスト、アン=マリー・ジャケ(Anne-Marie Jacquet)を演じた、メラニー・ロラン(Mélanie Laurent)

実は、ヴァイオリンを全く弾けないそうです!

この映画のためにフランス国立管弦楽団のコンサートマスター、サラ・ナンタニュ(Sarah Nemtanu)から4カ月間の猛訓練を受け、弦を抑える指遣いのトレーニングを集中的に行ったとのこと。

ラストのコンサートシーンはメラニー自身、もちろん音は出していませんが、指の動きは楽譜通り!完璧にヴァイオリニストを演じました!

あえてコメディで描いた理由

自身もユダヤ人であるミヘイレアニュ監督ですが、「ユダヤ人迫害という重いテーマを、なぜコメディというジャンルで表現したのか?」と聞かれることが多いそうです。

「世の中にたくさんある悲しみ……その中には希望の光が必ずある!」を信条に製作したミヘイレアニュ監督のインタビューがYouTubeに上がっています。

私たち同様、外国人であるミヘイレアニュ監督ですが、彼のフランス語は本当に素晴らしく、フランス語の勉強になります!ぜひ併せてご覧ください!

まとめ

常に激動の歴史を歩んできたロシア人を通して、諦めなければ「奇跡」が起こると教えてくれる映画『オーケストラ!』

フランス映画でありながら80%がロシア語という異色の本作品は、2009年に上映され、ヨーロッパ諸国で大ヒットしました。

ソ連時代の「ユダヤ人迫害」という悲劇の中にも、希望の光を見いだすように「コメディ」にこだわったミヘイレアニュ監督自身も、イスラエルに移民したルーマニア出身のユダヤ人です。

本作品を通して、複雑に絡み合ったヨーロッパの民族関係を知るきっかけになることは間違いありません。

特に将来フランスおよびヨーロッパに留学する予定の方は、「民族問題」についての知識をつけておきましょう!

2022年現在、「ロシア」という国に対して複雑な気持ちの方も多いと思いますが、「好き」「嫌い」を一旦置いてぜひ見ていただきたい「フランス映画」の一つです。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. ビジネスフランス語の勉強はポイントを押さえれば難しくない?

  2. フランス語とバラ

    漫画『「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語』はフラ語勉強の参考書としてあり?なし?

  3. スイスで語学留学するなら主要6都市の中からどこを選ぶ?2位はジュネーブ!1位は?

  4. フランス映画『マルセルの夏』のあらすじと20世紀初頭のフランス社会問題とは

  5. フランス語学習者がDELF/DALFを受験するメリットとは?

  6. 上映から30年経った今でも人気の映画『人生は長く静かな河』のあらすじと名ゼリフ3選!

  7. Galeries Lafayette Toulouseの入り口

    フランスのデパート「Galeries Lafayette]のフロアマップの見方と注意点

  8. 伝説のコメディ映画『大進撃』のあらすじと、名場面『Tea For Two』の笑いのツボとは

  9. 絶対に覚えておくべき口語フランス語単語20選

  10. 放牧されている牛

    フランス映画『ブラッディ・ミルク』(セザール賞最優秀作品賞)のあらすじと舞台裏エピソード

  11. 映画『キッスをよろしく』のあらすじと「恋愛」を描き続ける映画監督エマニュエル・ムレ

  12. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  13. 実写版映画『シティーハンター:THE MOVIE 史上最香のミッション』のあらすじとフランスで大ヒットした理由とは

  14. Paris - Notre-Dame de Paris

    Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く』の第1話のあらすじとネタバレ

  15. フランス映画『バルバラ ~セーヌの黒いバラ(Barbara)』のあらすじと感想

  1. あの頃エッフェル塔の下で

    フランス映画『あの頃エッフェル塔の下で』のあらすじと、現代フラ…

  2. シャチの調教師

    フランス映画『君と歩く世界』のあらすじと人気ベルギー人俳優マテ…

  3. 世界の最後の日々

    フランス映画『世界の最後の日々』のあらすじと、世界が終わる前に…

  4. オーケストラ!

    フランス映画『オーケストラ!』のあらすじと撮影の裏話|希望に満…

  5. デイズ・オブ・グローリー

    フランス政府を動かした映画『デイズ・オブ・グローリー』のあらす…

  6. Pour 100 briques, t'as plus rien...

    映画『Pour 100 briques, t'as plus rien...』のあらすじとモリナロ…

  7. ジェラール・ジュニョ作品のマイベストランキング

    ジェラール・ジュニョ監督のおすすめベストランキング・トップ3!…

  8. Fantôme avec chauffeur

    家族で楽しめる映画『Fantôme avec chauffeur』のあらすじと、コメ…

  9. フランス人の出会ってからキス・エッチするまでの期間はどれくらい…

  10. パリの天使たち

    ジュニョ監督の代表作『パリの天使たち』のあらすじと、心に残る演…

  1. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  2. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  3. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  4. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  5. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  6. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  7. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  8. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  9. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  10. フランス留学で気をつけるべきこと

ブログランキング