フランス語学習の初心者が最も難しいと感じるのは名詞の性と何?

フランス語には日本語にはない文法の概念がいくつもあります。

大学の第二言語でフランス語を選択したという方や、フランス語の魅力にはまって独学を始めたという方も、きっと一度はフランス語文法の難しさに閉口したという経験がおありではないでしょうか。

今回は私がフランス語学習の初心者だった頃、なかなか慣れることができずに難しく感じたフランス語文法の2つの壁と、その克服方法をご紹介します。

フランス語の男性名詞と女性名詞の見分け方

こんにちは。慶應義塾大学の通信課程に在学中、いわば「独学」でフランス語を勉強したアリスです。

私が最初に行き詰まったフランス語の文法は、男性名詞と女性名詞の区別でした。

日本語にも英語にもない概念なので、私のようにつまずく方も多いのではないでしょうか。

たとえば、père(父)、coq(おん鶏)は男性名詞、mère(母)、poule(めん鶏)は女性名詞ということには、大抵の方が納得されるでしょう。

では、piment(ピーマン)、laitue(レタス)はいかがでしょうか。

pimentは男性名詞、laitueは女性名詞です。

なんとなくpimentは男性らしいから「男性名詞」、laitueは女性らしいから「女性名詞」と判断するわけにはいきません。

フランス語では、このようにすべての名詞が男性名詞か女性名詞に分かれています。

しかも、特に理由はありません。

私は最初、とにかく何かの規則を見つけようと、穴のあくほど単語を見つめてみましたが、何の規則もありませんでした。

これはとにかく丸暗記するしかありません。

辞書で単語を調べていきますと、男性名詞か女性名詞かをきちんと明記してくれていますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

私が最初に使用した辞書は、『プチ・ロワイヤル仏和辞典』です。

この辞書は初心者向けの辞典として有名なのですが、男性名詞、女性名詞の区別にも工夫が見られます。

たとえば、飛行機を表すavionをこの辞書で引くと、「avion〔男〕飛行機」のように、男性名詞であることがわかるようになっています。

男性名詞と女性名詞の区別を暗記しなければならない理由

ところで、この男性名詞と女性名詞はどうしても覚えなければいけないものなのでしょうか。

答えは、Oui.(はい)です。

フランス語には、不定冠詞(英語のa,an)、定冠詞(英語のthe)があります。

この不定冠詞、定冠詞も名詞の性、数に応じて変化が生じます。

不定冠詞とは、人や物が初めて話題になるときに使われるもので、日本語ではあえて訳す必要のないものです。

男性名詞の単数には、un、女性名詞の単数には、une、数が複数ある時は男性名詞でも女性名詞でもdesがつきます。

たとえば、un livre(本)、une table(テーブル)、des livres (2冊以上の本)となります。

定冠詞の場合、男性単数にはle、女性単数にはla、複数の場合はlesがつきます。

私は、何としてもフランス語の男性名詞と女性名詞を覚えなければならないことに気づきました。

フランス語文法の基本中の基本なのです。

それで、私はテキストに出てきた単語を、不定冠詞と名詞をセットにして1つずつ小さなカードに書いていくことにしました。

「千里の道も一歩から」といいますが、私にとってはこの一枚一枚のカードが文字通りの一歩でした。

フランス語動詞の活用は難しい?

フランス語文法で私がぶつかったもう一つの壁はフランス語動詞の活用です。

動詞の活用とは、主語に応じて、動詞が形を変化させることです。

名詞や形容詞を一生懸命覚えているうちに、テキストの中に動詞が登場してきます。

しかも、その動詞の「見た目」が主語によってかなり変わってしまうことに最初は当惑してしまいました。

しかし、これは、フランス語の初心者ならだれでもぶつかる壁ですので、心配しないでください。

フランス語動詞の活用をマスターするにはコツがあります。

フランス語動詞の活用をマスターするコツ

フランス語の動詞の活用をマスターする秘訣は「心のハードルを下げる」ということです。

フランス語には規則動詞と不規則動詞があります。

フランス語の規則動詞

フランス語動詞の中で、もっとも規則的な活用をする動詞は第Ⅰ群規則動詞と呼ばれます。

動詞の原形の語尾がすべて-erで終わることから、別名-er(ウーエール)動詞とも言います。

実は、フランス語の約90パーセントがこの活用の動詞なのです。

一例として、parler(話す)という動詞を活用させてみましょう。

Je parle(私は話す)、Tu parle(きみは話す)、Il parle(彼は話す)、Elle parle(彼女は話す)、Nous parlons(私たちは話す)、Vous parlez(あなたたちは話す)、Ils parlent(彼らは話す)、Elles parlent(彼女たちは話す)となります。

少し頭がくらくらしてきたかもしれませんね。

それでも、「一度覚えたら、大部分の動詞は同じパターン」と考えるだけで、心のハードルはぐっと下がってくるのではないでしょうか。

第Ⅰ群規則動詞に加えて、第Ⅱ群規則動詞もあります。

こちらは、フランス語動詞の約5%です。

フランス語の不規則動詞

活用のルールに当てはまらない動詞を不規則動詞と呼びます。

フランス語学習で最も重要な2つの動詞とも言えるêtre「~である」とavoir「~を持っている」はこの不規則動詞です。

重要な動詞ですので、どのテキストを使ってもこの動詞の活用を学習の初めの頃に必ず目にすることになります。

ひるまずにがんばって覚えていってください。

まとめ

「フランス語の文法は難しい」と思われがちです。

私自身、フランス語を学習し始めた時は、何度も壁にぶつかりました。

しかし、新しい言語の学習には、壁がつきものです。

一歩一歩進んでいくうちに、いつの間にか壁を乗り越えていくことができます。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. 仏検準1級合格に必要なレベルとは?2級と準1級の難易度比較と違い

  2. フランス語初心者におすすめのフランス語単語の暗記法

  3. フランス語学習の定番かつ王道!NHKラジオ講座って良い?

  4. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  5. 慶應義塾大学の通信課程におけるフランス語のカリキュラム

  6. フランス映画『TAXi』のあらすじとキャスト|無名の頃のマリオン・コティヤールも出演!

  7. 【仏検】級ごとのレベルはどの程度?資格試験として履歴書にかけるのは何級以上?

  8. フランス語初心者におすすめのフランス文学『星の王子さま』

  9. きれいなフランス語発音を独学で習得する方法とは?

  10. 『最速で夢をかなえる!すごろくノート術』でフランス語学習のモチベーションを維持する方法

  11. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く』第3話のあらすじ・ネタバレと使えるフランス語フレーズ

  12. フランス以外でフランス語留学ができる主要5カ国ってどこ?留学先の選び方

  13. 仏検4級のレベルはどの程度の学習が必要?資格試験の過去の内容とは?

  14. フランス映画『天国でまた会おう』のあらすじと感想

  15. フランス語学習で発音の壁にぶつかる理由とその攻略法

  1. 放牧されている牛

    フランス映画『ブラッディ・ミルク』(セザール賞最優秀作品賞)の…

  2. フランス映画『TAXi』シリーズの全作総まとめ!各作品のあらすじと…

  3. LO NEELのフランスのアトリエで使われている刺繍糸

    アニマルフリー・ファッションブランド「LO NEEL(ロ・ニール)」の…

  4. フランス映画『TAXi ダイヤモンド・ミッション(TAXi5)』のあらす…

  5. 海外在住の日本人が一時帰国時に必ず買って帰るアイテムランキング

    海外在住の日本人が一時帰国時に必ず買って帰るアイテムランキング

  6. 仏検4級のレベルはどの程度の学習が必要?資格試験の過去の内容とは…

  7. 仏検5級のレベルはどの程度?フランス語資格試験の学習に役立つ過去…

  8. 海外留学中のひとり暮らしでも効率的かつ簡単に自炊する方法

  9. 海外在住の日本人駐在員に本当に喜ばれるお土産ランキング

  10. フランス映画『宮廷料理人ヴァテール』のあらすじと詳しいキャスト紹介

    フランス映画『宮廷料理人ヴァテール』のあらすじと詳しいキャスト…

  1. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  2. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  3. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  4. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  5. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  6. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  7. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  8. フランス留学で気をつけるべきこと

  9. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  10. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

ブログランキング