フランス語の“Putain”には良い意味もあるって本当!?“Merde”や“pute”との違いを例文付きで紹介

フランスへ行ったことがある人が、必ずと言ってもいいほど耳にする言葉。

Putain!

街を歩けば、毎日誰かしらが口にしています。

こんにちは!ユキです。”Putain!”はフランス留学中に嫌というほど耳にして覚えました。

老若男女関係なく使われているこの言葉ですが、一体どういう意味なのかご存知でしょうか?

この記事では、フランス人がよく口にする“Putain”と、似たニュアンスで使われる単語“Merde”や“Pute”との違いや意味を、詳しくご紹介します。

フランス人はみんな言っている!?“Putain”って本当はどういう意味?

あまりにもよく聞く言葉なので、みなさん一度は辞書などで調べたことがあるかもしれませんね。

“Putain”は、辞書でひくと「娼婦・淫乱女」などと出てきます。

フランス人がしょっちゅう「淫乱女!」と言っていると思うと、「一体どんな国なんだ!?」と思ってしまいますよね。

確かに辞書に登録されている正式な意味は「娼婦・淫乱女」ですが、実は、そのような意味で“Putain”は使われていません。

この言葉は、「相手を侮辱する」というよりは、「自分の感情を表現する」意味で使用され、主に文頭や文末につけられます。

そして、「とても下品で使うべきではない言葉」だと言われていますが、シチュエーションによっては、実は必ずしも悪い意味ではない場合もあるのです。

実際に例文を紹介しながら説明していきますね。

怒っている時の“Putain”

これが一番想像しやすいシチュエーションではないでしょうか?
日本語の「クソ!」や「チクショー!」などと同じような意味で使われます。

例文

“Putain! Ça m’énerve!”
「クソッ!イライラする!」

“Putain! Il est toujours en retard!”
「チッ!アイツはいっつも遅刻して遅いんだよ!」

びっくりした時の“Putain”

誰かに驚かされたとき、びっくりして「うわっ!」と言ったり「キャァ!」と叫んだりしますよね?

そのようなシチュエーションでも、“Putain!”は使われます。

例文

“Ah putain! Tu m’as fait peur!”
「きゃぁ!びっくりした!」

“Putain! Qu’est ce qu’il fait froid!”
「うわぁ!めっちゃ寒〜い!」

嬉しい時の“Putain”

すごく嬉しいことがあった時、日本人だと「やばい!」「まじで!?」「嘘でしょ!」などと言って喜びますよね。

先ほどのびっくりした時にも似ていますが、嬉しいシチュエーションでも、フランス人は“Putain”を使って喜びを表現することがあります。

例文

“Putain! C’est genial, ça!”
「やっばい!最高だね!」

“Putain! Je rêve ou quoi!”
「嘘でしょ!夢みたい!」

割と上品にしている女性でも“Putain”を使うシチュエーションとしてあるのが、このような状況ですね。

このように、“Putain”は色々な場面で使われる言葉で、状況にっては必ずしも悪い意味ではありません。

とはいえ、やはり下品な言葉には変わりありません。

外国人の私たちが使うのは、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

実は“Putain”よりも汚い?“Merde”の使い方

Putain”と同様に“Merde”という言葉も、フランスでは本当によく使われる言葉です。

Merde”は、辞書で「糞・排泄物」と登録されています。

この言葉は、日本語と同様に「クソッ!」と言いたい時に使われます。

Putain”との違いは、“Merde”はほとんどネガティブな意味でしか使われないということです。

例文

“Merde! Tu me fais chier!”
「クソッ!お前って本当にムカつくよな!」

“Merde! C’est dégueulasse!”
「オエッ!コレ不味すぎ!」

ただし、「幸運を祈るよ!」と言いたい時にも、“Merde”と言う言葉が使われることがあります。

主に学生の間で、次のようなシチュエーションで使われます。
例文

“Je vais passer un exam demain.”
「明日テストがあるんだよ」

“Je te dis merde alors!”
「頑張れよ!」

この表現の由来はわかりませんが、日本語でも「」と「ウンチ」をかけて、「フンをつけられると縁起がいい」と言ったりしますよね。

フランス語にも同じような考えがあるのは面白いですね。

“Putain”はカジュアルに、様々なシチュエーションで利用される言葉であるのに対し、“Merde”は主にネガティブなシチュエーションで、より下品な表現として使われている印象です。

ちなみにフランスでは、“Putain”と“Merde”は放送禁止用語とされており、テレビで誰かが使うと、日本でいう「ピー」が入ります。

やはり、使うのは極力避けた方が良いでしょう。

“Putain”に似ている単語“Pute”の意味とは?

こちらの単語を辞書で調べると「売春婦・娼婦」と出てくるかと思います。

この“Pute”は、まさに文字通り「売春婦・娼婦」の意味で使用され、相手を侮辱する際に使われる汚い言葉にあたります。

例えば、“Sale pute! (小汚い淫乱女!)”や“Fils de pute!(娼婦の息子!)”と言った表現で相手を罵ったりします。

“Fils de pute!(娼婦の息子!)”は、英語の“Son of a bitch”と同じですね。

ネイティブ同士は喧嘩するとすぐに使いますが、本当に下品な言葉なので、使わないようにしましょう。

ちなみに、この“Pute”という言葉はスペイン語では“Puta”となります。

そしてPutaに、定冠詞を入れると“La puta(ラピュタ)”になります。

ジブリの名作『天空の城ラピュタ』はスペイン語に翻訳される際、この「売春婦」という言葉を連想させる“Laputa”の使用するのを避け、スペイン語版のタイトルを“El Castillo en el cielo(天空の城)”だけにしたと言われています。

フランス語版のタイトルでも“Laputa”の名前がつかずに、“Le Château dans le ciel(天空の城)”が通称となっているのはそのためだそうです。

ちなみに、『Le Château dans le ciel』は、日本でもフランス語音声のBlu-Rayを購入することができます!

慣れ親しんだ『ラピュタ』をフランス語で観て楽しむのでも良いですし、リスニング教材として活用するのもおすすめです。
天空の城ラピュタ [Blu-ray]
フランス語音声付き!

まとめ

フランス人がよく口にする“Putain”は、シチュエーションによって意味が若干異なってきます。

フランス語ネイティブは、あまりにも頻繁に“Putain!”や“Merde!”を口にしているので、フランスに留学したりすると、ついつい自分も言ってしまいたくなりますよね。

しかし何度も繰り返しますが、とっても下品な言葉なので、できる限り使うのは避けた方が印象良いでしょう。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. フランス映画『おかしなおかしな訪問者』のあらすじと中世フランスの時代背景

  2. Scout toujours、ボーイスカウト

    異色のボーイスカウト映画!『Scout toujours』のあらすじと、フランスの「スカウト活動」について!

  3. フランス語の勉強で悩む女性

    独学で仏検3級合格を目指してて直面した課題と対策方法

  4. ヴィオレッタ

    フランス映画『ヴィオレッタ』のあらすじと、実の娘のヌード写真撮影が問題となったイオネスコ裁判とは

  5. バティニョールおじさん

    映画『バティニョールおじさん』のあらすじと、ストーリーを理解するのに役立つ「ヴィシー政権」とは

  6. フランスのフィルム・ノワール映画『チャオ・パンタン』のあらすじとコリューシュの人物紹介

  7. Police Francais

    フランス映画『憎しみ(La haine)』のあらすじと感想

  8. 映画『Let's ダンス』のあらすじと新フランス文化「アーバンカルチャー」とは

  9. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  10. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  11. フランス以外でフランス語留学ができる主要5カ国ってどこ?留学先の選び方

  12. フランス語学留学してフランス語を上達できる人の特徴とは

  13. 海辺の家族たち

    高年齢化社会の家族を描いた映画『海辺の家族たち』のあらすじと、ゲディギャン作品をご紹介!

  14. 口語フランス語・スラング:Foutre

    口語フランス語【foutre】の意味と日常会話でよく使われる例文

  15. マンディブル2人の男と巨大なハエ

    フレンチコメディ映画『マンディブル-2人の男と巨大なハエ』のあらすじ|監督とフランスで大人気の出演陣も一挙紹介

  1. THE UPSIDE最強のふたり

    映画『THE UPSIDE 最強のふたり』のあらすじと、オリジナル版とリメ…

  2. フランス語レシピの見方と注意点!日本語レシピと異なる独特の略語…

  3. Summer of 85

    フランソワ・オゾン監督作品『Summer of 85』のあらすじと、映画化…

  4. アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台

    フランス映画『アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台』のあら…

  5. 92歳のパリジェンヌ

    フランス映画『92歳のパリジェンヌ』のあらすじと、映画化までの3…

  6. イヴ・サンローラン

    フランス映画『イヴ・サンローラン』のあらすじと、より楽しく見る…

  7. tout s'est bien passé

    フランス映画『Tout s'est bien passé』のあらすじと、世界の「安楽…

  8. マンディブル2人の男と巨大なハエ

    フレンチコメディ映画『マンディブル-2人の男と巨大なハエ』のあら…

  9. 英雄は死なない

    映画『英雄は死なない』のあらすじと、映画を楽しむために知ってお…

  10. ヴィオレッタ

    フランス映画『ヴィオレッタ』のあらすじと、実の娘のヌード写真撮…

  1. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  2. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  3. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  4. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  5. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  6. フランス留学で気をつけるべきこと

  7. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  8. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  9. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  10. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

ブログランキング