フランスを震え上がらせた映画『ジュリアン』のあらすじと、フランスのドメスティックバイオレンスの現状とは

ジュリアン

※当ブログにはプロモーションを含みますが、記事内容は公平さを心がけています。

母親を守れるのは僕だけだった!

テレビやネットニュースなどでドメスティックバイオレンス(以下、DV)の話題を耳にすることが増えてきました。

内閣府のホームページによると、日本では2019年のDV相談件数は約12万件だったのに対し、2020年と2021年では各年約18万件と発表されています。

こんにちは!パリ在住のカタクリです!

フランスでは2020年から2021年、感染症対策によるロックダウンによって自宅隔離が余儀なくされ、DVの相談が爆発的に増えたと言われています。

そんな中、フランスで再び注目を集めたのがサスペンス映画『ジュリアン(原題:Jusqu'à la garde)』です。

2017年に公開された本作品は、離婚する夫婦とその間に挟まれた子どもたちの姿をリアルに描きフランスで大ヒットしました。

2019年には日本でも公開されています!

この記事では、映画『ジュリアン』とフランスのDVの現状について紹介していきます。

※当ブログにはプロモーションを含みますが、記事内容は公平さを心がけています。

セザール賞5部門を受賞した問題作、映画『ジュリアン』のあらすじ

離婚した元妻ミリアム(Miriam)と元夫アントワーヌ(Antoine)

長女ジョセフィーヌ(Joséphine)長男ジュリアン(Julien)の親権について話し合うため、お互いの弁護士と共に判事の元へ。

アントワーヌの家庭内暴力が根底にあったため、子どもたちを父親に合わせたくないと思っていた母親。

家を出てから、二人の子どもたちと共に実家に戻っていたミリアムですが、失業中であったことから親権が共同になってしまいます。

そして未成年のジュリアンは、隔週末を父親のもとで過ごすことが義務付けられてしまいました

暴力的な父親にどうしても会いたくないジュリアンは、初めての面会日である週末に「体調が悪い」と言い始めるのですが……

ハラハラドキドキの日本版とフランス版の予告編はこちらから!

フランスのDVの現状とは

フランス男性は優しいというイメージを持っている人も多いと思いますが、実は、DVで悩む女性、そして男性が増えています。

ここでは、フランスのDVの現状を一緒に見ていきましょう!

フランスでもタブー視されているDV問題

本作品の監督であるグザビエ・ルグラン(Xavier Legrand)が「家族の問題」をテーマにした脚本を書き始めた時。

家庭内の悲劇を調べていくうちに、DV問題にたどり着きます。

そして、被害者は自分が被害者であると周りに知られることを恐れていること、そして友人や親類も、面倒なことに巻き込まれたくないという思いから夫婦の問題に関与しないことが、DVの話題をタブーにしていることを知るのです。

そこで、映画というエンターテーメントを使ってDVの問題提起ができないか、という発想が本作品を制作するきっかけの一つになりました。

ちなみにDVはフランス語で「la violence conjugale」と言います!

2日半に一人がDVで亡くなっている

フランス内務・海外領土省の調べによると、2021年にDVで亡くなった成人の数は143人(女性122人、男性21人)に上ります。

2日半に一人がDVで亡くなっているという結果に!

また、2021年の夫婦間もしくは元夫婦間での暴力の被害届は20万8000件にも上り、2020年に比べ21%も上昇したということです。

世代別に見る被害者と加害者

DV被害の届けを出した人の85%が女性

年齢別で見ると、被害者で最も多い世代が30代〜49歳までの女性で、被害届全体の43%にあたります。

次に多いのが70歳以上で、20%になるそうです!

加害者の場合86%が男性によるもので、こちらも被害者と同様、最も多い世代が30代〜49歳までが37%、70歳以上が25%と報告されています。

さらに詳しい参考資料は、以下のサイトから見ることができます!

まとめ

2020年と2021年の感染症対策によるロックダウンにより、外出規制がかかったことによりDVの相談が爆発的に増えたフランス。

その期間に再び注目を集めたのが、2017年の大ヒット映画『ジュリアン』

離婚する夫婦、そして子どもたちの姿をリアルに描いた本作品は、セザール賞の最優秀作品賞、最優秀主演女優賞、最優秀オリジナル脚本賞、最優秀モンタージュ受賞、そしてセザール・デ・リセアンの5部門を受賞しています。

新人賞は逃しましたが、ジュリアン役の少年にも注目です!

タブー視されている家庭内暴力の問題をテーマにしたストーリー展開は、まさにスリルとサスペンス!

フランス語学習者はもちろんのこと、フランス映画好きにはぜひ見ていただきたい作品です。

さて、本作品で恐怖の父親を演じたドゥニ・メノーシェ(Denis Ménochet)

フランソワ・オゾン監督(François Ozon)『グレース・オブ・ゴッド 告発の時(Grâce à Dieu)』では、幼少時代のトラウマを抱えたフランソワ(François)役を見事に演じています。

彼の素顔のインタビューはこちら!

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. フランス語で手帳をつけてみる

    手帳をフランス語でつけるとフランス語力アップに役立つって本当?手帳の活用術

  2. フランス語学習に挫折しそうな初心者におすすめのフランス語入門書

  3. フランス映画『BPM ビート・パー・ミニット』のあらすじと感想

  4. ヌーヴェル・ヴァーグ運動から生まれた『勝手にしやがれ』

  5. 【仏検】級ごとのレベルはどの程度?資格試験として履歴書にかけるのは何級以上?

  6. フランス映画『ぼくを探しに』のあらすじとフランス人こだわりのライフスタイル

  7. あなたはまだ帰ってこない

    フランス映画『あなたはまだ帰ってこない』のあらすじと、デュラス原作の映画作品4選とは

  8. 映画『ザ・カンニングIQ=0』のあらすじと原題「Les Sous-doués」に秘められた意味とは

  9. タンギー

    映画『Tanguy』のあらすじと、フランスで増え続ける「タンギー現象」とは

  10. 放牧されている牛

    フランス映画『ブラッディ・ミルク』(セザール賞最優秀作品賞)のあらすじと舞台裏エピソード

  11. ルノワール 陽だまりの裸婦

    フランス映画『ルノワール 陽だまりの裸婦』のあらすじと、息子ジャン・ルノワールとは

  12. 『最速で夢をかなえる!すごろくノート術』でフランス語学習のモチベーションを維持する方法

  13. マンディブル2人の男と巨大なハエ

    フレンチコメディ映画『マンディブル-2人の男と巨大なハエ』のあらすじ|監督とフランスで大人気の出演陣も一挙紹介

  14. フランス語学留学してフランス語を上達できる人の特徴とは

  15. フランス映画『TAXi4』のあらすじ・見どころと豪華なゲストキャスト

  1. オリンピックの選手村の食堂ではどんな料理が食べられる?パリオリ…

  2. オリンピックでアナウンスが開催国の言葉、英語に加えてフランス語…

  3. パリオリンピック開会式会場のセーヌ川ってどんな川?周辺の観光ス…

  4. フランス語の独学には東京外国語大学の言語モジュールがおすすめ!…

  5. あなたはまだ帰ってこない

    フランス映画『あなたはまだ帰ってこない』のあらすじと、デュラス…

  6. 裸足の季節

    フランス映画『裸足の季節』のあらすじと、デニズ・ガムゼ・エルギ…

  7. 『エミリー、パリに行く』シーズン1第10話(最終話)「まさかのキャ…

  8. 『エミリー、パリに行く』シーズン1第9話「アメリカ友の会のオーク…

  9. サンローラン

    フランス映画『SAINT LAURENT サンローラン』のあらすじと、ピエー…

  10. 『エミリー、パリに行く』シーズン1第8話「家族の事情」のあらすじ…

  1. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  2. Duolingoがフランス語学習アプリとして秀逸な理由と使い方

  3. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  4. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  5. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  6. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  7. ロゼッタストーン・フランス語版の評判は良い?教材レベルとおすす…

  8. フランス留学で気をつけるべきこと

  9. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  10. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

ブログランキング