きれいなフランス語発音を独学で習得する方法とは?

フランス語は、フランス語圏に留学したり、フランス語学校でネイティヴに直接習ったりせずとも、独学でも十分に習得することが可能です。

実際、フランス語を独学で学習している!』という方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、文法や単語は独学でもなんとかなりやすいものの、『美しいフランス語会話力』を独学で身につけるには、ちょっとコツが必要です。

この記事では、フランス語を独学で勉強している人でも、正しくきれいな発音を習得できるようになる、効果的な学習法をご紹介いたします。

流れるような美しいフランス語会話力を身につけるためのポイント

フランス語は美しい」とよく言われます。

それは、フランス語という言語そのものが、音を優先し、音の流れがスムーズになるようにリエゾンアンシェヌマンエリズィヨンといった様々な規則を使っているからです。

つまり、フランス語の美しい発音を身につけるためには、そういったフランス語の仕組みをしっかりと押さえておくことに加えて、フランス語の音のリズムを体に覚えこませることが重要になります。

独学でフランス語習得を目指す人に効果的なフランス語会話学習法

皆さんは、「シャドーイング」という言葉を聞いたことがおありですか?

シャドーイングとは、聞こえてくる音声から、少し遅れてまねしながら発音していく学習法です。

「シャドー」は英語で「影」という意味ですから、影のようについていくという意味です。

シャドーイングは、第二言語を習得する上での効果性が実証されている学習法です。(参考:シャドーイングWikipedia

「音読」と「シャドーイング」の違い

中学校や高校で英語を学習するときには、「音読」という方法がとられていたかもしれません。

音読」と「シャドーイング」はどのように違うのでしょうか?

音読」とは、声に出して読むことです。

英語の授業の時に、先生に指名されて、皆の前で教科書の本文を音読した経験がきっとあることでしょう。

日本人にはなじみのある勉強法だと言えます。

音読」には、自分のペースで読める、自分の苦手な発音を確認できるというメリットがあります。

しかし、自己流の読み方になってしまうというデメリットもあります。

たとえば、英語のfriendという単語を「フリエンド」とローマ字読みしていたという方もおられるかもしれませんね。

私が以前に英語を教えていた時のことですが、ある生徒はdangerousという英単語を「ダンゲロウス」と覚えていました。

綴りを覚える工夫としては面白いのですが、正しい発音を身につける上では少々「危険」かもしれません。

一方、「シャドーイング」は、お手本の音を聞きながら、まねをしながらついていくという方法です。

最初は難しく感じるかもしれませんが、音を集中して聞くリスニング力と正しい発音が身につくというメリットがあります。

フランス語を独学している方も、「シャドーイング」という学習法を取り入れることで、効果的に正しい発音を身につけることができるでしょう。

フランス語を独学する人のためのシャドーイング実践のコツ

シャドーイングを実践するときには、いくつかのコツがあります。

一つ目は、音声とテキストがセットになった教材を探すことです。

たとえば、CDやMP3付きの書籍、NHKラジオ講座といった教材を使えるかもしれません。

二つ目は、自分のレベルにあった教材を用いることです。

難しすぎる教材ですと、ただ音を追うだけになり、音と言葉の意味が結びつきません。

ある程度、読んで理解できる内容の教材を使うことで、「シャドーイング」の効果を最大限に引き出すことができます。

フランス語を独学している人におすすめの教材『フランス語シャドーイング入門』

シャドーイングを試してみたいけれど、どんな風にしたらよいのかわからない」「自分のレベルにあった教材を見つからない」という方もおられるでしょう。

そのような方には、『フランス語シャドーイング入門』(藤田裕二、ミドリ・ティオリエ著)をおすすめいたします。

CD付 フランス語シャドーイング入門: 聴くと話すが同時に身につく
フランス語のリスニング・スピーキング学習でも、とても効果的

本書では、シャドーイングとはどういうものなのかという点が丁寧に説明されていますので、初めてシャドーイングに挑戦したい方には特におすすめです。

『フランス語シャドーイング入門』の構成

本書は3つのパートにわかられています。

パート1では、シャドーイングの説明とフランス語の発音の基礎が取り上げられています。

パート2では、会話や説明文を実際に取り上げて、シャドーイングを実践できるようになっています。

パート3では、フランスの文学作品が取り上げられています。

シャドーイングする教材は、少しずつレベルアップできるようになっています。

それで、フランス語学習を始めて入門者の方はもちろん、フランス語を独学しているもののなかなかフランス語の発音が身につかないとお悩みの方にもおすすめできます。

まとめ

この記事では、フランス語を独学している方におすすめの効果的な学習法を「ご紹介しました。

「シャドーイング」は美しいフランス語を身につけるのに効果的です。

ぜひ一度シャドーイングを実践してみてください。

CD付 フランス語シャドーイング入門: 聴くと話すが同時に身につく
フランス語のリスニング・スピーキング学習でも、とても効果的

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. フランス映画『TAXi ダイヤモンド・ミッション(TAXi5)』のあらすじとキャスト

  2. フランス語初心者がつまずきやすいフランス語独特の発音の練習法

  3. 【仏検】級ごとのレベルはどの程度?資格試験として履歴書にかけるのは何級以上?

  4. フランス映画『TAXi』のあらすじとキャスト|無名の頃のマリオン・コティヤールも出演!

  5. 仏検準1級合格に必要なレベルとは?2級と準1級の難易度比較と違い

  6. フランス映画『天国でまた会おう』のあらすじと感想

  7. フランス語の勉強で悩む女性

    独学で仏検3級合格を目指してて直面した課題と対策方法

  8. 仏検3級は独学で合格可能?困ったことと対処法

    仏検3級の勉強は独学でいける?勉強していて困ったことと対処法

  9. 独学で正しいフランス語発音を習得するのに役立つシャドーイング教本

  10. 仏検準1級合格のために必要な単語力レベルと勉強法

  11. フランス映画『BPM ビート・パー・ミニット』のあらすじと感想

  12. 挨拶でキスするカップル

    フランス人を好きになったらフランス語を勉強するしかない!?

  13. Paris - Notre-Dame de Paris

    Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く』の第1話のあらすじとネタバレ

  14. Merci deとMerci pourの違いとは|de とpourで感謝のニュアンスはどう変わる?

  15. フランス語学習で発音の壁にぶつかる理由とその攻略法

  1. フランス映画『戦場のアリア』のあらすじと元となった実話の「クリ…

  2. Olympic Ring

    滝川クリステルが東京五輪招致で「おもてなしスピーチ」のプレゼン…

  3. フランス映画『ナショナル7』のあらすじと身体障害者のセクシュアリ…

  4. フランス映画『おかしな三兄弟』のあらすじと大人気キャスト「レザ…

  5. 放牧されている牛

    フランス映画『ブラッディ・ミルク』(セザール賞最優秀作品賞)の…

  6. フランス映画『TAXi』シリーズの全作総まとめ!各作品のあらすじと…

  7. LO NEELのフランスのアトリエで使われている刺繍糸

    アニマルフリー・ファッションブランド「LO NEEL(ロ・ニール)」の…

  8. フランス映画『TAXi ダイヤモンド・ミッション(TAXi5)』のあらす…

  9. 海外在住の日本人が一時帰国時に必ず買って帰るアイテムランキング

    海外在住の日本人が一時帰国時に必ず買って帰るアイテムランキング

  10. 仏検4級のレベルはどの程度の学習が必要?資格試験の過去の内容とは…

  1. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  2. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  3. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  4. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  5. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  6. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  7. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  8. フランス留学で気をつけるべきこと

  9. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  10. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

ブログランキング