映画『THE UPSIDE 最強のふたり』のあらすじと、オリジナル版とリメイク版との人種間問題の違いとは

THE UPSIDE最強のふたり

最強のふたりは国籍を越える!

日本で2012年に上映されたフランス映画『最強のふたり(原題:Intouchable)』は、それまでフランス映画の歴代一位だった2001年公開の映画『アメリ(Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain)』を超える興行収入を記録しました。

こんにちは!パリ在住のカタクリです!

映画『最強のふたり』の成功は日本だけでなく、ヨーロッパ諸国、アジア、そしてアメリカにもおよびます。

この大ヒットに伴い、あのハリウッドでリメイク版として制作されたのが、この記事で紹介する映画『THE UPSIDE 最強のふたり』です!

リメイク版も全米で大ヒットしています!

出演者はアメリカで大人気のテレビシリーズ『ブレイキング・バッド(Breaking Bad)』で大ブレイクした人気俳優ブライアン・クランストン(Bryan Cranston)、人気のコメディ俳優ケヴィン・ハート(Kevin Hart)、そしてニコール・キッドマン(Nicole Kidman)と超豪華キャストが勢ぞろい。

それでは早速、リメイク版映画『THE UPSIDE 最強のふたり』のあらすじと、オリジナル版との人種間問題の違いを解説していきます!

会うことのないふたりが出会った時!?『THE UPSIDE 最強のふたり』あらすじ

深夜のニューヨーク、マンハッタン。

助手席に白人男性フィリップ(Philip)を乗せた黒人男性デル(Dell)が、高級車を猛スピードで走らせていました。

しばらくして警察官に捕まったデルは、「助手席に座る男が発作を起こしている!病院に向かわせてくれ!」と訴えます。

発作によって口から泡を吹いているフィリップを見た警察官は、病院の前までパトカーで誘導。

ことがおさまりホッとしたデルに対し、フィリップが「で、次はどうする?」と声をかけます。

それは半年前のこと。

病院での検査結果を聞いたフィリップは、希望を失った状態でした。

同じ頃、拳銃不法所持で服役していたデルは、数日後に控えた裁判で「社会復帰を目指すために、就職活動をしている」という態度を見せなければ、刑務所に戻る可能性があると言われます。

働く気のないデルでしたが、3カ所の求人先から「不採用」とサインされれば、とりあえず難は逃れることを知ります。

レストラン勤務の初日に遅刻し、パソコン作業を行う業務でやる気のなさを見せ、順調に不採用のサインを得ることができました。

そして、ダルは断られることを期待して次の求人先へ向かうのですが……

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』の予告編はこちらからご覧いただけます!
雰囲気の異なるアメリカ版の予告編もあわせてどうぞ!

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』オリジナル版とリメイク版との人種間問題の違い

オリジナル版であるフランス映画『最強のふたり』とリメイク版であるハリウッド映画『THE UPSIDE最強のふたり』

「裕福な白人」と「スラム街に住む黒人」といった登場人物の設定は同じですね!

さらっと見るとほぼ同じようなストーリーに見えますが、実は両国の歴史や文化の違いがかなり影響している内容になっているんです!

フランスもアメリカも黒人に対する「差別問題」を一色単に考えてしまいがちですが、歴史背景から見て両国の「アフリカ系」国民に対する立場が大きく異なっています。

ここでは2本の映画の人種間問題の違いをカタクリ的に掘り下げています!

リメイク版に見る、奴隷制度によるアフリカ系アメリカ人

リメイク版のデルは、アメリカに住む多くのアフリカ系アメリカ人と同様に、19世紀半ばに奴隷貿易によって連れてこられたアフリカ出身の黒人の子孫として描かれています。

本作品の中で垣間見られる2点を紹介します

ハックルベリー・フィンの冒険

フィリップの書斎からデルがこっそり盗んだ児童書「ハックルベリー・フィンの冒険」

世界的に有名な黒人奴隷問題に切り込んだ物語です!

初版コレクターのフィリップにとってコレクションの一冊に過ぎませんが、デルにとっては彼のルーツがそこにあることを示しています。

デルの心情とシンクロする音楽

映画『THE UPSIDE最強のふたり』の音楽は、ただの「サウンドトラック」ではありません!

  • マイルス・デイヴィス(Miles Davis)
  • ハンプトン・ホーズ (Hampton Hawes)
  • ナット・キング・コール(Nat King Cole)
  • アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)

などの有名ブラックミュージシャンの曲と歌詞が、デルの心情とストーリー展開にシンクロするように選曲されています。

ソウルの女王アレサ・フランクリンの曲が多く選曲されているのにも注目です!

オリジナル版に見る、アフリカ系移民の子孫

一方、オリジナル版であるフランス映画『最強のふたり』ドリスは、80年代に本格化した外国人労働者受入政策により、自らの意思で移住してきたセネガル人の2世です。

彼のようなアフリカ系移民の子孫はフランスで育っていますが、祖父母や親戚、家族の一部は現在もアフリカ諸国に住んでいる場合がほとんど。

そのため、2つの国籍を持つ人も少なくありません

全く異なる文化の中で生きる移民の姿

オリジナル版は、「白人と黒人の貧富の差」という意味合い以上に「全く異なる文化へのギャップ」にスポットを当てられています。

ここがハリウッド版と大きく異なるところです!

特に象徴的なのが、「インペリアル・イースター・エッグ」のエピソードでしょう。

インペリアル・イースター・エッグ

オリジナル版のドリスは、フィリップのコレクションである「インペリアル・イースター・エッグ」を盗みます。

インペリアル・イースター・エッグとは、19世紀から20世紀に活躍したロシアの金細工師ピーター・カール・ファベルジェ(Peter Carl Fabergé)がロシア皇帝のために作ったイースターエッグがもとになっている卵型の装飾品です。

お金持ちのコレクションとして特にヨーロッパでは有名!簡単な歴史を知ることができる動画はこちら!

インペリアル・イースター・エッグの背景や価値を知らないドリスは、子どもに人気のお菓子「キンダー・サプライズ」の豪華バージョンという認識で盗んでしまうのです。

これは、社会的地位だけでなく文化の違いを語るシンボル的なシーンになっています

ラストの違い

そして、最も大きな点はフランス版とハリウッド版のラストの違いです。

ここでどちらのバージョンが好きか嫌いかと、好みが分かれるところです!

両バージョンとも「ハッピーエンド」ですが、ハリウッドのリメイク版は白人と黒人の友情、そしてフランスのオリジナル版は、友情だけでなくお互いの文化の違いを認め合うという意味が込められているように感じます。

みなさんはどのように感じましたか?

まとめ

日本では2012年に上映され大ヒットしたフランス映画『最強のふたり(原題:Intouchable)』のリメイク版として制作されたのが、この記事で紹介したハリウッド映画『THE UPSIDE 最強のふたり』です。

さらっと見ると基本的なストーリー展開はほぼ同じように見えますが、両国の歴史や文化の違いが影響しているため、異なる問題を提示している内容になっています。

それぞれの国の背景を知ることができる作品でもあります!

オリジナル版とリメイク版、ぜひ見比べてみてくださいね!

主演のブライアン・クランストンとケヴィン・ハートのおもしろインタビューはこちらから!

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. イヴ・サンローラン

    フランス映画『イヴ・サンローラン』のあらすじと、より楽しく見るために知っておきたい撮影の裏話とは

  2. ヴィオレッタ

    フランス映画『ヴィオレッタ』のあらすじと、実の娘のヌード写真撮影が問題となったイオネスコ裁判とは

  3. フランス語映画を使った勉強法はおすすめ?リスニング教材学習として簡単?

  4. サステナブルファッションとは?具体的な取り組みとアパレル業界の最新基準をご紹介!

  5. フランス人の出会ってからキス・エッチするまでの期間はどれくらい?男女で違う真剣交際への考え方

  6. デイズ・オブ・グローリー

    フランス政府を動かした映画『デイズ・オブ・グローリー』のあらすじと旧仏領地・植民地の元兵士問題

  7. tout s'est bien passé

    フランス映画『Tout s'est bien passé』のあらすじと、世界の「安楽死」認可国とは

  8. バティニョールおじさん

    映画『バティニョールおじさん』のあらすじと、ストーリーを理解するのに役立つ「ヴィシー政権」とは

  9. マンディブル2人の男と巨大なハエ

    フレンチコメディ映画『マンディブル-2人の男と巨大なハエ』のあらすじ|監督とフランスで大人気の出演陣も一挙紹介

  10. Fantôme avec chauffeur

    家族で楽しめる映画『Fantôme avec chauffeur』のあらすじと、コメディ映画界の巨匠ウーリー監督を紹介!

  11. Brèves de comptoir

    大ヒットフランス映画『Brèves de comptoir』のあらすじと、原作にまつわるエピソードとは

  12. ブリュノ・デュモン監督作品『ジーザスの日々』、あらすじと知っておくべきポイント3つ!

  13. ジャン・ポール・ベルモンドの魅力と絶対に見ておくべきおすすめの傑作映画10選!

  14. グレース・オブ・ゴッド 告発の時

    衝撃の実話!フランス映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』のあらすじと、プレナ神父事件とは

  15. Summer of 85

    フランソワ・オゾン監督作品『Summer of 85』のあらすじと、映画化までの道のりとは

  1. Amis Publics

    フレンチコメディ映画『Amis Publics』のあらすじと、若者に絶大な…

  2. Brèves de comptoir

    大ヒットフランス映画『Brèves de comptoir』のあらすじと、原作に…

  3. パリ警視庁:未成年保護部隊

    衝撃のフランス映画『パリ警視庁:未成年保護部隊』のあらすじと制…

  4. THE UPSIDE最強のふたり

    映画『THE UPSIDE 最強のふたり』のあらすじと、オリジナル版とリメ…

  5. フランス語レシピの見方と注意点!日本語レシピと異なる独特の略語…

  6. Summer of 85

    フランソワ・オゾン監督作品『Summer of 85』のあらすじと、映画化…

  7. アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台

    フランス映画『アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台』のあら…

  8. 92歳のパリジェンヌ

    フランス映画『92歳のパリジェンヌ』のあらすじと、映画化までの3…

  9. イヴ・サンローラン

    フランス映画『イヴ・サンローラン』のあらすじと、より楽しく見る…

  10. tout s'est bien passé

    フランス映画『Tout s'est bien passé』のあらすじと、世界の「安楽…

  1. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  2. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  3. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  4. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  5. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  6. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  7. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  8. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  9. フランス留学で気をつけるべきこと

  10. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

ブログランキング