ドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ(Visages Villages)』のあらすじ&映画監督アニエス・ヴァルダとJR

映画監督のアニエス・ヴァルダ(Agnès Varda)写真家でアーティストのJRが、フランスの田舎を旅しながら人々と一緒に作品を作っていくドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ(Visages Villages)』

54歳差の年齢を超え育まれる2人の友情と、村々に住む人たちとの出会いに心があたたまる作品です。

2017年のカンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞のルイユ・ドールを受賞、同年のトロント国際映画祭では最高賞にあたるピープルズ・チョイス・アワードのドキュメンタリー部門を受賞、さらに、米国アカデミー賞セザール賞にもノミネートされるなど、世界中の映画祭を席巻したフランスの傑作ドキュメンタリームービーです。

この記事では、『顔たち、ところどころ(Visages Villages)』のあらすじと映画監督のアニエス・ヴァルダについてご紹介します。

ドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ(Visages Villages)』のあらすじ

ヌーヴェルヴァーグの立役者で巨匠とも呼ばれる映画監督のアニエス・ヴァルダ(作中87歳)と、参加型アートプロジェクト「Inside Out」で知られる写真家でアーティストのJR(作中33歳)が、2人で一緒に映画をつくることを思いつく。

JRのフォトスタジオつきトラックに乗り、無計画でフランス国内の田舎をめぐる旅に出る。

2人は偶然出会った人々の顔写真を撮影し、大きく引き伸ばし、壁に貼っていく。

Chaque visage a une histoire.
(顔が人生を語る)

出典:映画『顔たち、ところどころ』

その土地の歴史、そこで生まれ育った人たちの生き様を表現していくのだ。

炭鉱労働者の村で取り壊される坑夫住宅の最後の住人となった女性、1人で800ヘクタールの農地を耕すシェランス村の農夫、大恋愛の末に駆け落ちをした曾祖父母を持つ女性、カフェの美しいウェイトレス、工場の従業員たち、村人たちをつなぐ配達員……

2人はJRのトラック一台で、フランス国内の北から南まで様々な土地に足を運び、たくさんの人たちと出会い、繋がっていく。

徐々に目が見えづらくなるアニエスと、ゴダールのように決してサングラスを取ろうとしないJR。

彼らは互いにこう問いかける。

En fait, tu vois flou et t’es contente?
(ぼやけてても幸せなの?)

Et toi tu vois tout foncé et tu es content?
(あなたは、ずっと薄暗い世界にいて幸せなの?)

出典:映画『顔たち、ところどころ』

最後にアニエスが用意したサプライズとまさかの展開には、誰もが心を打たれる。

旅を通じて深まる、親子以上に年の離れた2人の友情と人々との出会いが、世界中の人たちを感動させていく。

アニエス・ヴァルダ(Agnès Varda)とJR

ベルギー・ブリュッセル出身で、「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれ、独創的な作品の数々を世に送り出してきたアニエス・ヴァルダ。

彼女の映画をいくつか観たことがあるという方は多いのではないでしょうか。

そんな彼女と一緒に作品をつくることにしたJRは、本映画を製作するにあたって、彼女にこう提案します。

“On va faire des images ensemble mais autrement.”
(お互い別な撮り方をしよう)

JRといえば、世界中の人たちが参加できるアートプロジェクト『Inside Out』で有名な写真家です。

彼はこの映画をつくる前から、世界中で人々の顔を撮影し、その大きく引き伸ばされた写真を街中の壁や建造物に貼っていくという活動を行なってきました。

東日本大震災の被災地である気仙沼や、アフリカ、パレスチナ、イスラエル、インド、ブラジルなどの貧困地域や戦争などで情勢が不安定な地域にも自ら足を運び、アート作品をつくり上げています。

「自分の作品が人々をつなぐと信じている」 そう話すJR。

彼の作品が、なんでもなかった寂しい土地を蘇らせていきます。

JRの写真はいつも白黒ですが、まるでその土地に彩りを添えるかのように、人々に笑顔と感動を与えてくれるのです。

「JRは私の夢を叶えてくれた。人と出会い顔を撮ることだ。これなら皆を忘れない。」

出典:映画『顔たち、ところどころ』

本作中でそうつぶやくアニエス。

フランスの田舎町で人々と出会い、彼らと言葉を交わすアニエスの顔はとても輝いて見えます。

どんどん衰えていく体、見えづらくなる目… JRからアニエスに贈られた最後のプレゼントからは、この旅を通じて築かれた2人の深い絆がうかがえます。

まとめ

キュメンタリー映画『顔たち、ところどころ(Visages Villages)』のあらすじと、本映画を製作したアニエス・ヴァルダとJRについてご紹介しました。

ただ顔写真を撮影し壁に貼るというだけのアートですが、写真に映る顔の背景には、その土地の長い歴史や、そこで生まれ育った人たちのストーリーがあります。

私たちには撮影された一瞬の姿しか見えませんが、その土地の建造物の壁に貼ることで、写真からは分からない隠れたストーリーが蘇り人々に感動を与えるのだと思います。

実は、この映画が公開された2年後の2019年に、アニエスは乳癌でこの世を去っています。

この映画で巡った町や村の中には、アニエスがかつて訪れた地もいくつかありました。

自分の人生を振り返り、人々に受け継ぐことができたのは、彼女にとってとても幸せなことだったのではないかと思います。

本当に心があたたかくなる素晴らしい作品でした。

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. Netflixドラマ『フランスでは有名人』のあらすじとスタンダップコメディーから学ぶフランス語

  2. tutoiementとvouvoiementの違いと使い分け方法を詳しく解説!フランス語の敬語表現も紹介

  3. 映画『レオン』のあらすじと感想!キャストの幼き日のナタリー・ポートマンは必見!

    映画『レオン完全版』のあらすじと感想!キャストの幼き日のナタリー・ポートマンは必見!

  4. フランス語をオンライン授業で勉強するメリットとデメリットとは?

  5. めざせ仏検3級合格

    仏検3級合格を目指す時にはどのように勉強し始めれば良いのか?

  6. 勉強のモチベーション維持に役立つ花

    独学で仏検3級対策をしていてもモチベーションを下げない4つの方法

  7. フランスのフィルム・ノワール映画『チャオ・パンタン』のあらすじとコリューシュの人物紹介

  8. フランス映画『太陽がいっぱい』のあらすじ&見どころは?アラン・ドロンや魅力的なキャストはだれ?

  9. フランス映画『二十四時間の情事』のあらすじとフランスでタブー視されている「丸刈り女性」とは

  10. フランス映画『マルセルの夏』のあらすじと20世紀初頭のフランス社会問題とは

  11. フランス映画『アンタッチャブルズ(De l’autre côté du périph)』のあらすじと見どころ

  12. 絶対に覚えておくべき口語フランス語単語20選

  13. 仏検2級は独学でも合格できる!勉強時間を縮める効率よい勉強法とは?

  14. パリ・ノートルダム大聖堂

    『パリ、恋人たちの2日間』のあらすじとフランス好きが必ず観るべき理由

  15. 南仏プロヴァンス地方

    フランス映画『愛と宿命の泉』のあらすじと感想

  1. 映画『プチ・ニコラ』のあらすじと原作がフランス人に愛され続けて…

  2. 映画『フレンチ・コップス』のモンマルトル・ロケ地はどこ?あらす…

  3. 『暗黒街のふたり』をアラン・ドロンが大絶賛!映画のあらすじとフ…

  4. アメリ(映画)は意味不明?内容がよくわからない方向けにあらすじ(ネ…

  5. 『ロミュアルドとジュリエット』のあらすじと映画を支えた女性監督…

  6. フランスホラー映画『フロンティア』のあらすじとネタがよりよく分…

  7. フランス映画『おかしなおかしな訪問者』のあらすじと中世フランス…

  8. フランス映画『プライスレス~素敵な恋の見つけ方~』のあらすじと主…

  9. フランス映画『レ・ミゼラブル(2019年)』のあらすじとすぐに使え…

  10. フランスのミュージカル映画『ロシュフォールの恋人たち』のあらす…

  1. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  2. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  3. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  4. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  5. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  6. フランス語を楽しく学ぼう!勉強のモチベーションを維持するコツ

  7. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  8. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  9. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

  10. フランス留学で気をつけるべきこと

ブログランキング