映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』のあらすじと、豪華キャストのご紹介!

超豪華キャストが織りなす、中年青春ストーリー!

社会情勢や価値観の変化がどんどんコロコロ激しく変わる中、「新しいことにチャレンジするのが怖い」と思っている人も多いのではないでしょうか?

そんな方々にオススメなのが、この記事でご紹介する映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(原題:Le grand bain)』です。

2018年にフランスで劇場上映された本作品は、なんとスウェーデンの男性シンクロチームの実話が元になっています!

それぞれに問題を抱えた中年たちが頑張る姿は、多くの「大人」に勇気を与え大ヒットました。

この映画をより楽しんでいただくために、映画のあらすじと、全員がハマり役の出演者も一緒にみていきましょう。

みなさん、こんにちは!目がイっちゃってる役をやらせたら世界一のマチュー・アマルリック!彼の出演する映画は全てみているカタクリです。

今回のマチューも期待を裏切りません!

悩みを抱える中年の青春物語、映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

重いうつ病が原因で2年前に会社を辞め、家に引きこもっているベルトラン(Bertrand)

無数の抗うつ剤をシリアルに混ぜてぼりぼり食べる彼を愛し支える奥さん、彼を嫌いでそっけない思春期の息子、そしてまだ小さくあどけない娘の4人で、グルノーブルの郊外の一軒家で静かし暮らしていました。

ある日、娘のスイミングスクールの付き添いで近所の市民プールに行った際に、ぼーっと見ていた掲示板に貼ってあった「男性シンクロナイズドスイミングのメンバー募集」の張り紙が目に入ります。

「男性シンクロ」がなんとなく気になったベルトランは、なんとなく面接に行くことに。

ベルトランを待っていたのは、美人だけれどトゲトゲしい態度のシンクロコーチデルフィーヌ(Delphine)と、さえない中年男性たちでした。

デルフィーヌに「あなたにはやる気が見られない」とダメ出しをされてしまいますが、ベルトランは男性シンクロクラブのメンバーになることができます。

「やる気がある人ばかりが集まったメンバー達」のはずが、練習が始まるとデルフィーヌの言うことを聞かずにバシャバシャとプールでふざけあっている男性シンクロメンバー。

レッスンが終わると、更衣室→サウナ→バーの流れで、人生に問題を抱えている中年たちの大愚痴り大会が夜通しだらだらと行われるのです。

そんな彼らはふとしたことがきっかけで、同じ市営プール内で活動する若いモテモテイケメンが所属する水球チームの試合で、ハーフタイムショウのために「シンクロパフォーマンス」をすることになってしまいます。

そしてそこから、思いもよらない運命をシンクロチームはたどることになるのです……

日本とフランスの映画予告の雰囲気がとても違うので、是非見比べてみてください!

日本語語版『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の予告編

フランス語版『Le grand bain』の予告編

フランス映画好きにはたまらない豪華キャスト!

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』監督ジル・ルルーシュ(Gilles Lellouche)自身も、シリアスからコメディーまでこなす人気俳優。

そんな彼だからこそこだわった「出演者」は本当にハマり役ばかりなんです!

そんな豪華キャストをご紹介します。

マチュー・アマルリック(Mathieu Amalric)

主人公のベルトランを演じたマチュー・アマルリックは、1997年に出演した『そして僕は恋をする(原題:Comment je me suis disputé... ma vie sexuelle)』でセザール有望若手俳優賞して以来、ウツ、優男、アブノーマルな役をシリアスに、時にはコミカルに演じることで、フランス映画に欠かせない俳優の一人です。

映画監督としては1997年に『Mange ta soupe(日本未公開)』を発表して以来、定期的に作品を発表しており、2010年の『さすらいの女神たち(原題:Tournée)』では、カンヌ映画祭の監督賞を受賞し、世界的にも大ヒットしました。

別の記事でマチューの監督作品『バルバラ(原題:Barbara)』を紹介していますので、もあわせてご覧ください!

ジャン=ユーグ・アングラード(Jean-Hugues Anglade)

いつまでたっても売れないミュージシャンのシモン(Simon)を演じていたのは、80年代から数々の活躍するジャン=ユーグ・アングラード

1986年『ベティ・ブルー 愛と激情の日々(原題:37°2 le matin)』、1990年『ニキータ(原題:Nikita)』、1994年『王妃マルゴ(原題:La Reine Margot)』など、数々の名作に出演している彼にとって、本作品は久しぶりの映画出演です。

優男を演じさせたらフランス一!『ニキータ』のジャン=ユーグが本当にかわいすぎる!

フィリップ・カトリーヌ(Philippe Katerine)

市営プールで働く、年齢=彼女ナシの孤独なティエリー(Thierry)を演じたフィリップ・カトリーヌは、もともと人気のお笑いミュージシャン。

90年代にシンガーソングライターとしてデビューし、2005年に出したこの曲「Louxor J’adore」は大ヒットしました!

今でも中高年に人気の曲です!

2000年になって俳優業をスタート。

彼の作品は日本未公開が多いですが、2010年に日本でも公開された『ゲンスブールと女たち(原題: Gainsbourg, vie héroïque)』では、作家でありジャズミュージシャンだったボリス・ヴィアン(Boris Vian)役を見事に演じています。

ブノワ・ポールヴールド(Benoît Poelvoorde)

卸業者への未払いが重なり倒産しかかっているプール販売会社の社長マルキュス(Marcus)役のブノワ・ポールヴールドは、フランス語圏で大人気のベルギーのコメディアン。

彼の出演作品も日本未公開が多いのですが、2009年オドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)主演の『ココ・アヴァン・シャネル(原題:Coco avant Chanel)』で恋人のエティエンヌ・バルザン(Étienne Balsan)をシリアスに演じました。

『ココ・アヴァン・シャネル』ではすてきな二枚目役でしたが、本来はお笑いばかりです!

ギョーム・カネ(Guillaume Canet)

精神の病気を患っている母に物心つくことからののしられて育ち、自らも他人を罵倒するロラン(Laurent)を演じたギヨーム・カネは、1998年に映画デビューした後、2000年にレオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ(原題:The Beach)』に出演しハリウッド映画デビューを果たしました。

『ザ・ビーチ』での若かりし頃のギヨームをご覧ください!

その後も2005年『戦場のアリア(原題:Joyeux Noël)』など、国内外を問わず数々の映画に出演しています。

ちなみに、奥さんは『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜(原題:La Môme)』でエディット・ピアフを演じたマリオン・コティヤール(Marion Cotillard)

まとめ

2018年の大ヒット映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は、フランスで大人気の中年俳優が「ありのままの姿」をみせたことで、同世代から圧倒的な支持を受けました。

フィリップ・カトリーヌの曲は、面白くて聞き取りやすいものが多いので、フランス語の学習にも役立ちます!

中高年たちが前向きに問題に取り組むようになるまでを、無理のないストーリー展開でみせていて、強烈な個性の俳優陣たちが、一歩引いて演じているのも非常に好感が持てます。

公開時よりも、時間がたてばたつほどカルト的人気を得ている映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

元気がもらえるオススメの映画です!

おまけ

本作品は、実際にあるスウェーデンの男性シンクロチームが世界選手権で優勝した実話をベースに製作されましたが、もう一つ、新しいドラマを生み出しました

それは、女子と一緒にシンクロを習っていた11歳の少年が、クラスメートにからかわれたことで、3年間続けていたシンクロをやめると言い出したことに始まります。

このことを知った父親が、映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』をみて、息子を励ますために「シンクロチーム」を作ったのです!

今や20歳から72歳のメンバーを抱え、フランスを代表する男性シンクロチームにまで成長しました。

もしかしたら、この話も映画になるかも!?

この記事を読んだ人が読んでる関連記事

  1. フランス語の中級単語帳のおすすめは?仏検のレベル別対策学習に効果的な脱初心者向けの厳選3冊

  2. Pour 100 briques, t'as plus rien...

    映画『Pour 100 briques, t'as plus rien...』のあらすじとモリナロ監督を紹介!

  3. スラッシュリーディングとは?スラッシュリーディングのやり方とメリットとデメリットとは

  4. 旅するフランスの地方

    フランス語学習の息抜きに『旅するフランス語』がおすすめな理由

  5. フランス語とバラ

    漫画『「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語』はフラ語勉強の参考書としてあり?なし?

  6. フランス映画『おかしなおかしな訪問者』のあらすじと中世フランスの時代背景

  7. Pinot, simple flic

    記念すべきジュニョ監督のデビュー作!映画『Pinot, simple flic』のあらすじと、3つのエピソード

  8. 『エミリー、パリへ行く – Emily in Paris 』Season1 のあらすじと大炎上したワケ

  9. フランス映画『戦争より愛のカンケイ』のあらすじと、フランスにおける右翼と左翼の違いとは

  10. オーケストラ!

    フランス映画『オーケストラ!』のあらすじと撮影の裏話|希望に満ちた最高のコメディ作品!

  11. フランス映画『TAXi4』のあらすじ・見どころと豪華なゲストキャスト

  12. フランス語学習の初心者が発音をマスターするのに役立つ入門書

  13. フランス語を独学で勉強するのは無理?陥りやすいスランプの克服法

  14. フランス映画『コーラス(Les Choristes)』のあらすじ、登場人物と感想

  15. 映画『ザ・カンニングIQ=0』のあらすじと原題「Les Sous-doués」に秘められた意味とは

  1. あの頃エッフェル塔の下で

    フランス映画『あの頃エッフェル塔の下で』のあらすじと、現代フラ…

  2. シャチの調教師

    フランス映画『君と歩く世界』のあらすじと人気ベルギー人俳優マテ…

  3. 世界の最後の日々

    フランス映画『世界の最後の日々』のあらすじと、世界が終わる前に…

  4. オーケストラ!

    フランス映画『オーケストラ!』のあらすじと撮影の裏話|希望に満…

  5. デイズ・オブ・グローリー

    フランス政府を動かした映画『デイズ・オブ・グローリー』のあらす…

  6. Pour 100 briques, t'as plus rien...

    映画『Pour 100 briques, t'as plus rien...』のあらすじとモリナロ…

  7. ジェラール・ジュニョ作品のマイベストランキング

    ジェラール・ジュニョ監督のおすすめベストランキング・トップ3!…

  8. Fantôme avec chauffeur

    家族で楽しめる映画『Fantôme avec chauffeur』のあらすじと、コメ…

  9. フランス人の出会ってからキス・エッチするまでの期間はどれくらい…

  10. パリの天使たち

    ジュニョ監督の代表作『パリの天使たち』のあらすじと、心に残る演…

  1. フランス語の単語力を楽しみながらアップさせる方法!

  2. フランス語で「雨が降っている」と訳す方法と雨の種類

  3. フランス留学で気をつけるべきこと

  4. 仏検に合格するためにフランス語のリスニング力を向上させる方法

  5. フランス語力を伸ばすために海外留学前に日本で学習しておくべきこ…

  6. フランスに語学留学すると本当にフランス語は身につくのか!?

  7. 仏検1級・準1級の効果的なリスニング対策勉強法

  8. フランス人の恋人ときちんと会話するために必要とされることとは?

  9. 大学受験における効率的なフランス語単語の習得方法

  10. 留学前に日本でフランス語の会話力を高める方法

ブログランキング